歌詞ナビ 新着情報
新着情報
検索
検索
ランキング
ランキング
アルバム
アルバム



石狩挽歌
歌手:坂本冬美
作詞:なかにし礼
作曲:浜圭介


アルバム「ENKA 〜情歌〜」収録曲

海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると
赤い筒袖(つっぽ)の ヤン衆がさわぐ
雪に埋もれた 番屋の隅で
わたしゃ夜通し 飯を炊く

あれからニシンは どこへ行ったやら
破れた網は 問い刺し網か
今じゃ浜辺で オンボロロ
オンボロボロロー
沖を通るは 笠戸丸
わたしゃ涙で にしん曇りの 空を見る

燃えろ篝火(かがりび) 朝里(あさり)の浜に
海は銀色 ニシンの色よ
ソーラン節に 頬そめながら
わたしゃ大漁の 網を曳く

あれからニシンは どこへ行ったやら
オタモイ岬の ニシン御殿も
今じゃさびれて オンボロロ
オンボロボロロー
かわらぬものは 古代文字
わたしゃ涙で 娘ざかりの 夢を見る



ツイート iTunes LINEで送る
このページのURL
坂本冬美の新着一覧を見る▶
坂本冬美の人気情報
1 また君に恋してる
朝露が招く 光を浴びて はじめて
2 祝い酒
浮世荒波 ヨイショと越える 今日
3 夜桜お七
赤い鼻緒(はなお)がぷつりと切れ
4 こころが
私の泣き声さえ きっと知らない
5 ずっとあなたが好きでした
冬の陽だまり ふと翳す手が 落葉

人気一覧を全て見る▶


PCページで見る

新着 歌手名目次
検索 曲名目次
ランキング リアルタイムランキング
歌詞ナビTOPへ

Copyright(C) 2005-2018
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.