戦争を知らない僕らの戦争 歌詞 / 中村中

歌詞ナビ 検索
詳細検索
歌手目次
歌手目次
ランキング
ランキング

ホーム > 中村中 > 戦争を知らない僕らの戦争



中村中「戦争を知らない僕らの戦争」のジャケット画像

戦争を知らない僕らの戦争 歌詞


歌手:中村中 作詞:中村中
作曲:中村中

悪いな、俺は足をやられてる そうかい、おいらは両目をやられた
先に行くんだ 遠くに逃げろと 諦める奴はいなかったけれど
ごめん、私は喉をやられてる このまま死のうと言えなかっただけ

歴史の教科書の半分が叫び声をあげてる
もう半分は落書きされて僕を嘲笑ってる
先生、ミサイルの話なら僕に降り続けてる
消しゴムや紙くずをとめてよ また見て見ぬふりだね
振り向いた時 目につく奴に そら、チョークが飛んでくる

生き延びる術なら惜しまないケモノに比べたらば
傷つける事すらおそれない僕たちはネズミだね
携帯電話にかじりついて 互いを監視してる
よそ見すると噛み殺されるぞ だから目を逸らせない
また次の策、また次の策、あぁ、前歯がかゆくなる

ある朝、柏木の机から給食費 盗まれた
結婚したての女教師 ヒステリックな声で
のろまな僕には席がなくて 恰好の餌食だね
僕の席は教室の外で 足がひん曲がってる
犯人探し終えた放課後 次のゲームが始まる

悪いな、俺は足をやられてる そうかい、おいらは両目をやられた
先に行くんだ 遠くに逃げろと 諦める奴はいなかったけれど
ごめん、私は喉をやられてる このまま死のうと言えなかっただけ

散り始めた桜を横目に 解放の時が来た
卒業の歌を歌いながら 柄にもなく泣いた
母なる大地よ 全てが忘られてゆくならば
母なる大地よ 傷跡はなぜそこに在りますか
学び舎の校門 くぐればそこは おかまいなしの春です

ため息つけば 歴史の教科書は 最後の頁をめくる


アルバム「少年少女」収録曲

この歌詞をTwitterでつぶやく
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet LINEで送る amazon検索

このページのURL

中村中の人気ランキング


1
誕生ひとりでも私は生きられるけど
2
汚れた下着君にオヤスミを言って 切った電
3
友達の詩触れるまでもなく先の事が 見え
4
私の中の「いい女」昔から好きだった白い服が似合わ
5
部屋の片隅終わった恋なら 憶えていないで
6
かくれんぼ小さかった頃を憶えてる? いつも
7
風になるあの人をなぜ追いかける あの人
8
冗談なんかじゃないからネ冗談じゃないから 悲しいんじゃ
9
未練通り思い出に出来ない 下らない別れ
10
回転舞台初めて逢ったあの場所を 貴方は

中村中の人気一覧を見る▶

PCページで見る

Copyright(C) 2005-2020
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.

HOME 新着情報 ランキング 歌詞検索 ページの先頭へ