歌詞ナビ 新着情報
新着情報
検索
検索
ランキング
ランキング
アルバム
アルバム



Finder


歌手:9mm Parabellum Bullet
作詞:菅原卓郎
作曲:滝善充

LINEで送る
アルバム「Revolutionary」収録曲

フィルムには写せない光なら写したい
瞳のレンズはいつも少しピントがずれてる

ひとりぼっちで歩き疲れて
プラスチックな人にかまってられない
そんな不満ばかり

誰も彼も目を合わせずに
迷いながらどこも行けずに
靴の踵すり減らしてるのさ

キャンバスに描けない色でなら描きたい
白黒つけずにいても答えは色褪せるだけ

舞い上がる春の風 打ちつける夏の雨
季節が変わったあとの切なさに身をまかせて

ドラスチックに道で倒れて
ロマンチックに土に還っていきたい
そんな希望ばかり

誰も彼も声をかけずに
食い違いを口に出せずに
そっと心すり減らしてるのさ

高過ぎる秋の空 恋しがる冬の花
写真に変わったあとの儚さに身をまかせて

いつかまた会えたなら その時は
真実の笑顔で笑ってくれ
いつかまた会えたなら この目には
真実の姿で写ってくれ



このページのURL
9mm Parabellum Bulletの新着一覧を見る▶
9mm Parabellum Bulletの人気情報
1 千の翼
理想ばかりの言葉じゃ ホントは
2 モーニングベル
体はどこも悪くないけど ひたす
3 I.C.R.A
予告ばかりで焦らされて まるで
4 カモメ
海沿いの道を歩いて 最果ての港
5 ガラスの街のアリス
ガラスで出来た街の中で生きるぼ

人気一覧を全て見る▶

PCページで見る

Copyright(C) 2005-2019
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.

歌詞ナビHOME 新着情報 ランキング 歌詞検索 ページの先頭へ