歌詞ナビスマホ 新着情報
新着情報
検索
検索
ランキング
ランキング
アルバム
アルバム



あかり灯して
歌手:前川清
作詞:伊勢正三
作曲:伊勢正三


春は名のみの風の頃に
散ってゆくのも知りながら
花は戻らぬ時の中で咲くのがいい

夏は蚊遣りの香りがして
やさしい女(ひと)を想い出す
酔えばいつしかひざ枕の 夢の跡に

もどかしいくらいに もどらぬダイヤル
あの頃ってなぜか 恋もゆっくり 時のまにまに

あの日下宿の大家さんは
家賃を下げてくれた人
人の情けがまかり通る時代がいい

雨の形は見えないもの
雲は流れてしまうもの
時は移ろい 枯れ葉が舞う 無常の空に

秋の心のはぐれ雲よ
一人旅なら分かるだろう
旅に出るのは…寂しさとは友達だから

星降る夜には 涙はいらない
過ぎ去った日々の あかり一つ一つ 胸に灯して

冬の言葉を指でなぞり
息で曇った窓に書く
人が暮らせば温もるよな時代になれ



ツイート LINEで送る
この歌詞のURL
前川清の新着一覧を見る▶
前川清の人気情報
1 倖せの約束 -男のありがとう-
君とめぐり逢えたことは 奇跡じ
2 東京砂漠
空が哭いてる 煤け汚されて ひと
3 そして、神戸
神戸 泣いて どうなるのか 捨て
4 せめて今夜だけは
せめて今夜だけは 酔ったふりを
5 愛と戯れの隣りに・・・
悲しい女は 涙が本当は友達 あな

人気一覧を全て見る▶


PCページで見る

新着 歌手名目次
検索 曲名目次
ランキング リアルタイムランキング
歌詞ナビTOPへ

Copyright(C) 2005-2018
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.