刈干恋歌 歌詞 / 二見颯一

歌詞ナビ 検索
詳細検索
歌手目次
歌手目次
ランキング
ランキング

ホーム > 二見颯一 > 刈干恋歌



二見颯一「刈干恋歌」のジャケット画像

刈干恋歌 歌詞


歌手:二見颯一 作詞:たきのえいじ
作曲:水森英夫

山がョ山がョ 山が呼んでる刈干の
朝も早よから 萱(かや)を刈る
何が辛かろ 野良仕事
あの娘を浮かべて 精を出す
無理は云わぬが 無理は云わぬが 帰らぬか
どこへ流れる あかね雲

誰がョ 誰がョ 誰が恋しと鳴くのやら
姿隠して 鳴く雲雀(ひばり)
ふたり歩いた 里の道
今年も稲穂が 黄金色(こがねいろ)
便り書こうか 便り書こうか 便箋に
せめてひと言 この想い

風がョ風がョ 風が身に沁むこんな夜は
夜の長さが 長くなる
あの娘達者か もう二年
さぞかし都会も 寒かろう
はやり風邪など はやり風邪など ひかぬよに
両手合わせる 冬の空


この歌詞をTwitterでつぶやく
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet LINEで送る iTunes amazon検索

このページのURL

二見颯一の人気ランキング


1
NEW刈干恋歌
山がョ山がョ 山が呼んでる刈干
2
NEW望郷終列車夢を道連れ プラットホーム ひと
3
NEW哀愁峠背のびしたって 高千穂は なんで
4
NEW望郷ギター夕焼けが 沁みる日は ふるさとが


PCページで見る

Copyright(C) 2005-2020
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.

HOME 新着情報 ランキング 歌詞検索 ページの先頭へ