街は薄紅色 歌詞 / 関取花

歌詞ナビ 検索
詳細検索
歌手目次
歌手目次
ランキング
ランキング

ホーム > 関取花 > 街は薄紅色



関取花「街は薄紅色」のジャケット画像

街は薄紅色 歌詞


歌手:関取花 作詞:関取花
作曲:関取花

明日になればすぐ会えるのに
待ちきれなくて扉を開けた

まっすぐ空に伸びてく気持ち
飛行機雲をなぞるように

頭の中をぐるぐる回る
メロディを繋げば歌もできそうだ

長い坂を下って行く 風が僕の背中を押す
溢れ出した想いに染められた 街は薄紅色

話したいことかき集めたら
日が暮れちゃうから 全部置いてきた

早く行かなきゃ 会いに行かなきゃ
はしゃいだ胸に手を引かれ

花びらたちがくるくる回る
君の部屋の窓からも見えてるかな

長い坂を下って行く 風が僕の背中を押す
溢れ出した想いに染められた 街は薄紅色

ラララ…


アルバム「きっと私を待っている」収録曲

この歌詞をTwitterでつぶやく
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet LINEで送る amazon検索

このページのURL

関取花の人気ランキング


1
親知らず言えないことが増えるたび 大人
2
彗星改札を抜ける君の うしろ姿を思
3
誰もが皆 寝静まった頃に向かう
4
しんきんガールあなたはいつでもそうなの どれ
5
オールライト世界はこんな鮮やかな色々で溢れ
6
バイバイベルが鳴って 軋む列車 あどけな
7
動けない君に出せない手紙で 溢れかえっ
8
重いまぶたこすって 無理に起き
9
あの子はいいなあの子はいいな あの子はいいな
10
三月を越えてさよならも告げないで あなたは

関取花の人気一覧を見る▶

PCページで見る

Copyright(C) 2005-2020
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.

HOME 新着情報 ランキング 歌詞検索 ページの先頭へ