桜の刺繍 歌詞 / ももすももす

歌詞ナビ 検索
詳細検索
歌手目次
歌手目次
ランキング
ランキング

ホーム > ももすももす > 桜の刺繍



ももすももす「桜の刺繍」のジャケット画像

桜の刺繍 歌詞


歌手:ももすももす 作詞:ももすももす
作曲:ももすももす

右目だけ瞑った太陽が
割れそうな背中を琥珀にしてくれた

僕はまだ春に浸りたくて
ひたすらに言葉を帆布に刺繍した

あなたの周りに群がった
羊歯を旅籠に詰めてるの

声には出せなかったさよならと
桜を踏み町へと駆け出した

新しいベッドはふかふかで
僕の洗剤の匂いだけがする

ああ今年もああ今年も
静かに夏が来る

不自然に思えた出来事も
今はもう掻い摘み話せる現事

灰色の影も花になって
眼に映る人影が音を奏でている

ざわめく夜が遠くなって
安らぐ懈怠と共に

砂の舞う思い出になりました
優しい風がまだ吹いてるみたい
新しい涙はふかふかで
僕の洗剤の匂いだけがして
ねえその声も目も掌も
背丈の誤差も
もうすぐ忘れられるのかな

声には出せなかったさよならと
桜を踏み町へと駆け出した

新しいベッドはふかふかで
僕の洗剤の匂いだけがする

ああ今年もああ今年も
静かに夏が来る


「浜ちゃんが!」エンディングテーマ
「V-Clips」3月オープニングテーマ
アルバム「彗星吟遊」収録曲

この歌詞をTwitterでつぶやく
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet LINEで送る amazon検索

このページのURL

ももすももすの人気ランキング


1
うさぎの耳踏切の音で目眩して 夢と現実が
2
Confession海から巨大生物が現れて 僕を襲
3
木馬君が僕にくれた孤独を 愛して生
4
アネクドット噂で聞いた君の姿 僕の知らない
5
プルシアンブルー土星のそよ風に 吹かれて眠って
6
シクラメンクラゲのおでこが どこにあると
7
隕石靴を履いたまま心の奥までおいで
8
火星よ、こんにちは息をして猫を出す 朝顔の種を手
9
saboten狭くて冷たい部屋に 君は僕を閉
10
桜の刺繍
右目だけ瞑った太陽が 割れそう

ももすももすの人気一覧を見る▶

PCページで見る

Copyright(C) 2005-2020
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.

HOME 新着情報 ランキング 歌詞検索 ページの先頭へ