港宿 歌詞 / 水木ケイ

歌詞ナビ 検索
詳細検索
歌手目次
歌手目次
ランキング
ランキング

ホーム > 水木ケイ > 港宿



港宿 歌詞


歌手:水木ケイ 作詞:ふくしゆうや
作曲:松宮有里

別れに差し出す 指先を
汐路(しおじ)に目をやり 噛(か)んだ人
泣けそうな 愛しさに 過ごした夜は
夢を残した 港宿
嗄(か)れた汽笛の 寂しさに
思いあぐねて 女が指を見る

何処(どこ)まで行ったの かもめさん
女は弱いわ 好きになりゃ
思い出に くるまれば 生きられるのね
ひとりつぶやく 港宿
「こんど一緒に 暮らしたい」
思い出すのよ 男のセリフをさ

入り船沖まで 来ていると
誰かのことばに さわぐ胸
人知れず 桟橋に 心をやれば
窓にしぐれの 港宿
楽な人生 似合わない
思いはせては 女が指を見る


この歌詞をTwitterでつぶやく
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet LINEで送る amazon検索

このページのURL

水木ケイの人気ランキング


1
海椿好きよ 好きよ 好きよ 好きよ 好
2
千日前ラプソディー何はなくても 恋の 花が咲くのが
3
未練船船が着くたび 港に走る 馬鹿な女
4
千日前ラプソディーPARTII夢にはぐれて ひとり 恋にはぐれ
5
魚市場のおんな浜の桟橋 朝焼けに 入船大漁で
6
港宿
別れに差し出す 指先を 汐路(し


PCページで見る

Copyright(C) 2005-2020
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.

HOME 新着情報 ランキング 歌詞検索 ページの先頭へ