鬼の背中 歌詞 / 中村美律子

歌詞ナビ 検索
詳細検索
歌手目次
歌手目次
ランキング
ランキング

ホーム > 中村美律子 > 鬼の背中



中村美律子「鬼の背中」のジャケット画像

鬼の背中 歌詞


歌手:中村美律子 作詞:紙中礼子
作曲:花岡優平

鬼の背中が 陽だまりの中
コクリ コクリと 舟を漕(こ)ぐ
あんなえらそうに していた人が
ひとつぶだねの 娘も嫁ぎ ふたりになれば
なんや このごろ さびしんぼ

鬼の背中が 昭和を背負い
チビリ チビリと 酒を呑む
テレビ相手に 雷おとす
吠えてもしょせん 世の中変わる 訳ではないし
なんや このごろ さびしんぼ

鬼の背中が 家族をまもり
ヨイショ ヨイショと 越えてきた
いつのまにやら 白髪も増えて
ケンカの種も がまんの花も 小ぶりになれば
なんや このごろ さびしんぼ


この歌詞をTwitterでつぶやく
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet LINEで送る amazon検索

このページのURL

中村美律子の人気ランキング


1
一本勝負天に拳を 振り上げて 悔し涙を
2
風まかせ春の日出逢い 夏の日燃えた 激し
3
夜もすがら踊る石松馬鹿でなければ踊れない カッコ
4
ふるさとで暮らそうよあんた涙でョー 飲む酒ならば 温
5
下津井・お滝・まだかな橋備前、瀬戸内、下津井港 北前船
6
京都恋歌好きになっては いけない人を 人
7
だんじり風を喰(く)らって 傾くような 屋
8
恋瀬川雨の雫(しずく)は 心の雫 あなた
9
酒なさけあなたが教えた この酒が あなた
10
女の旅路冬が来るのに 津軽を越えて 函館

中村美律子の人気一覧を見る▶

PCページで見る

Copyright(C) 2005-2020
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.

HOME 新着情報 ランキング 歌詞検索 ページの先頭へ