歌詞ナビ 新着情報
新着情報
検索
検索
ランキング
ランキング
アルバム
アルバム
> > 夏空の雨 歌詞


夏空の雨♪増田俊樹

「夏空の雨」歌詞
増田俊樹


作詞:希瀬
作曲:希瀬
amazon検索

窓を叩いてる風はいつも 苦い薫りを添えて届ける
失くして気がついた かけがえのないやすらぎを
未だ見つけられずに

分かるはずもないけど 未来(さき)のことなんて きっと

愛していいか分からずに 気持ちに嘘をついてた
夏空の雨のように かき消してる想いを
ときめくことで何かを捨てるような気がしてた
かすれた声で季節は巡るのに fallin' love with you once again

変わり続けてる景色はずっと 南の風に願いを込める
眠れぬ夜(よ)はいつも空を見上げ 心変わりを責めてつぶやく

「何が大事なの?」 今、問いかけてみるよ もっと

いつかの場面のキスも ぶつかり合ってた過去も
夏空の雨のように かき消してる想いを
くじけることで何かを手に入れられる気がした
ざわめきの中で気づかぬフリして lookin' for your love once again

分かるはずもないけど 未来のことなんて きっと

愛していいか分からずに 気持ちに嘘をついてた
夏空の雨のように かき消してる想いを
ときめくことで何かを捨てるような気がしてた
かすれた声で季節は巡るのに fallin' love with you once again



このページのURL
増田俊樹の新着一覧を見る▶

増田俊樹の人気情報


1 フレーズ
いつも一緒なんだよね 何処へ行
2 夏空の雨
窓を叩いてる風はいつも 苦い薫
3 風にふかれて
物憂げな秋空に孤独を一人責めて




PCページで見る

Copyright(C) 2005-2019
SANDY NET SYSTEM CO.,LTD.
All Rights Reserved.

歌詞ナビHOME 新着情報 ランキング 歌詞検索 ページの先頭へ