童謡の歌詞タイトル一覧

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。
歌詞ナビ > 童謡

童謡の歌詞一覧


該当件数232件 その内1〜232件
新着順|▲ 人気順曲名順
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌い出し - - - ◆ ミニ情報   
1 かなりや 歌を忘れた カナリヤは うしろの山に すてましょか いえいえそれ
2 ぽかぽか春が やってきた かわいいももが ふくらんで にこにこえ
3 うぐいす 梅のこえだで うぐいすは 春が来たよと うたいます ホウホウ ホ
4 冬景色 佐霧(さぎり)消ゆる 湊江(みなとえ)の 舟に白し 朝の霜 ただ水鳥
5 まりと とのさま てんてんてんまり てん手まり てんてんてまりの 手がそれて どこ
6 こぎつね こぎつねコンコン 山の中 山の中 草の実つぶして お化粧(けしょ
7 月の沙漠 月の砂漠を はるばると 旅のらくだが ゆきました 金と銀との く
8 まつぼっくり まつぼっくりが あったとさ 高いお山に あったとさ ころ ころ こ
9 とんがり帽子 緑の丘の 赤い屋根 とんがり帽子の 時計台 鐘が鳴ります キンコ
10 みかんの花咲く丘 みかんの花が 咲いている 思い出の道 丘の道 はるかに見える 青
11 春の歌 桜の花の咲くころは うらら うららと 日はうらら ガラスの窓さえ
12 お山の杉の子 昔 昔 その昔 椎(しい)の木林のすぐそばに 小さなお山が あった
13 子鹿のバンビ 子鹿のバンビは かわいいな お花がにおう 春の朝 森の小薮(こや
14 仲よし小道 仲よし小道は どこの道 いつも学校へ みよちゃんと ランドセルし
15 かわいい魚屋さん かわいい かわいい 魚屋さん ままごと遊びの 魚屋さん 今日(こん
16 肩たたき かあさん お肩をたたきましょう タントン タントン タントントン
17 汽車ぽっぽ 汽車 汽車 ポッポ ポッポ シュッポ シュッポ シュッポッポ 僕ら
18 村まつり 村の鎮守(ちんじゅ)の 神様の 今日はめでたい 御祭日(おまつりび
19 とけいのうた コチコチカッチン おとけいさん コチコチカッチン うごいてる こ
20 青い目の人形 青い目をした お人形は アメリカ生まれの セルロイド 日本のみな
21 だいこくさま おおきな袋を 肩にかけ だいこくさまが 来かかると ここにいなば
22 フニクリ・フニクラ 赤い火をふくあの山へ 登ろう 登ろう そこは地獄のかまの中 のぞ
23 朝はどこから 朝はどこから 来るかしら あの空越えて 雲越えて 光の国から 来
24 ふじの山 あたまを雲の上に出し 四方(しほう)の山を見おろして かみなりさ
25 わらいかわせみに話すなよ たぬきのね たぬきのね ぼうやがね おなかにしもやけ できたとさ
26 おうち忘れて お家(うち)忘れた 子ひばりは 広い畑の 麦の中 かあさんたずねて
27 いっすんぼうし 指にたりない いっすんぼうし 小さいからだに 大きなのぞみ おわ
28 あわて床屋 春は早うから 川辺の芦に かにが店出し 床屋でござる ちょっきん
29 きゅっ きゅっ きゅう きゅっ きゅっ きゅう と 靴をみがこう 大きな 黒い パパの靴 き
30 赤い鳥小鳥 赤い鳥小鳥 なぜなぜ赤い 赤い実を食べた 白い鳥小鳥 なぜなぜ
31 水あそび 水をたくさん くんで来て 水鉄砲で 遊びましょう 一 二 三 四 し
32 花かげ 十五夜お月さま ひとりぼち 桜ふぶきの 花かげに 花嫁すがたの
33 みつばち ぶんぶん みつばちぶんぶん なぜいそぐ なぜってむこうに 花ばたけ 花がさ
34 小馬 はいしい はいしい 歩(あゆ)めよ小馬 山でも坂でも、ずんずん歩
35 俵はごろごろ 俵はごろごろ おくらにどっさりこ お米はざっくりこで ちゅうち
36 かくれんぼ かくれんぼするもの よっといで じゃんけんぽんよ あいこでしょ
37 子もりうた 昔 昔よ 北の果て オーロラの火の燃えている 雪のお城がありまし
38 シャベルでホイ シャベルでホイ せっせこホイ もぐらのおじさん 道ぶしん そらホ
39 とんび とべとべとんび 空高く なけなけとんび 青空に ピンヨロー ピン
40 うぐいすの夢 うめの小枝で うめの小枝で うぐいすは 雪の降る夜(よ)の 夢を見
41 お猿のかごや えっさ えっさ えっさほいさっさ お猿のかごやだ ほいさっさ 日
42 蛙の笛 月夜の たんぼで コロロ コロロ コロロ コロコロ なる笛は あれ
43 夢のお馬車 金のおくらに 銀の鈴 夢のお馬車が シャンシャンと 青いポプラの
44 一月一日 年のはじめの ためしとて 終わりなき世の めでたさを 松竹たてて
45 歌の町 よい子が住んでる よい町は 楽しい楽しい 歌の町 花屋はちょきち
46 ふしぎなポケット ポケットのなかには ビスケットがひとつ ポケットをたたくと ビ
47 田植 そろた出そろた さなえがそろた 植えよう植えましょ みんなのた
48 かかし 山田の中の 一本足のかかし 天気のよいのに みの笠(かさ)着けて
49 たけのこ 竹の林の たけのこは 掘れば 黄いろいふさが出る 紫いぼいぼ た
50 ぶらんこ ぶらんこ ゆれて お空が ゆれる ゆらゆら ゆらりん 木の枝 ゆれ
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌い出し - - - ◆ ミニ情報   
南の風の 南の風の 吹くころは ザボンの花が においます ザボンの花の 咲
早起き時計 チックタック チックタック ボーンボン おはよう おはよう 夜が
木の葉のお舟 帰るつばめは 木(こ)の葉のお舟ネ 波にゆられりゃ お舟はゆれる
よいおへんじ はい これはだいじな ことですよ 「おやりなさい」 といわれたら いつ
ふたあつ ふたあつ ふたあつ なんでしょね おめめがいちに ふたつでしょ
とんぼのめがね とんぼの めがねは 水いろ めがね 青いおそらを とんだから とん
お山の大将 お山の大将 おれひとり あとから来るもの つきおとせ ころげて落
おかあさん おかあさん なあに おかあさんて いいにおい せんたくしていた
うさぎの電報 エッサッサ エッサッサ ぴょんぴょこうさぎが エッサッサ 郵便配
静かな湖畔の しずかな湖畔の 森のかげから もう起きちゃいかがと かっこうが
いぬのおまわりさん まいごのまいごの こねこちゃん あなたのおうちは どこですか お
森の小人 森の木かげで どんじゃらほい しゃんしゃん手拍子 足拍子 たいこ
びわ びわは やさしい きのみだから だっこ しあって うれている うす
あひるの行列 あひるの行列 よち よち よち かあさんあひるが よち よち よち
ないしょ話 ないしょ ないしょ ないしょの話は あのねのね にこにこにっこり
めじろが来る山 光る霜だよ 茶の花に 目白がくる山 お茶の山 だれかおとりを な
かもめの水兵さん かもめの水兵さん 並んだ水兵さん 白い帽子 白いシャツ 白い服
船頭さん 村の渡しの 船頭さんは 今年六十の おじいさん 年はとっても お
電車ごっこ 運転手はきみだ 車掌はぼくだ あとの四人が 電車のお客 お乗りは
月見草の花 はるかに海の 見える丘 月のしずくを すって咲く 夢のお花の 月
金太郎 まさかりかついで 金太郎 くまにまたがり おうまのけいこ ハイシ
はとぽっぽ はとぽっぽ はとぽっぽ ぽっぽぽっぽと 飛んでこい お寺の屋根か
ちんちん千鳥 ちんちん千鳥の なく夜(よ)さは なく夜さは ガラス戸しめても ま
せみのうた せみ せみ せみ せみ せみん みーん どこにいるのか せみ なかな
むすんでひらいて むすんで ひらいて 手をうって むすんで またひらいて 手をうっ
桃太郎 桃太郎さん 桃太郎さん お腰につけた きびだんご ひとつわたしに
うみ うみは ひろいな 大きいな 月が のぼるし 日がしずむ うみは 大
つりかわさん あさは あさで おはよう でんしゃの おでかけ でんしゃの まんい
からすの赤ちゃん からすの赤ちゃん なぜなくの こけこっこの おばさんに あかいお
ちんから峠 ちんからほい ちんからほい ちんから峠の おうまはほい やさしい
春の小川 春の小川は さらさら行くよ 岸のすみれや れんげの花に すがたや
茶つみ 夏も近づく 八十八夜(はちじゅうはちや) 野にも山にも 若葉が茂
めんこい仔馬 ぬれた仔馬の たてがみを なでりゃ両手に 朝のつゆ 呼べばこたえ
はなのおくにのきしゃぽっぽ あねものえきから きしゃぽっぽ さくらそうのまち はしってく ぽ
めだかの学校 めだかの学校は 川のなか そっとのぞいて みてごらん そっとのぞ
アイスクリームのうた おとぎ話の王子でも 昔はとても食べられない アイスクリーム ア
花嫁人形 きんらんどんすの 帯(おび)しめながら 花嫁御寮(はなよめごりょ
黄金むし 黄金むしは 金持ちだ かねぐらたてた くらたてた あめやで水あめ
野菊 遠い山から 吹いて来る 小寒い風に ゆれながら けだかくきよく
ゆりかごの歌 ゆりかごの歌を かなりやがうたうよ ねんねこ ねんねこ ねんねこ
夕やけ小やけ 夕やけ小やけで 日がくれて 山のお寺の 鐘がなる お手々つないで
ちょうちょのお夢 月夜のお庭の 花畑 仲よしちょうちょは 花の上 ゆらゆらゆらりこ
きくの花 きれいな花よ きくの花 白や黄色の きくの花 けだかい花よ きく
浜千鳥 青い月夜の 浜辺には 親をさがして 鳴く鳥が 波の国から 生まれ
島の畑 春日(はるび)うらうら 城が島(じょうがしま)の島の畑は 麦畑 麦
鳥かご 春の日暮れた 鳥かごを おうちへ入れて やりましょう すもも林の
山のワルツ すてきな山の ようちえん 八じになると リスのぼうやが やってき
光の馬車 光の馬車が ひとすじに 東の空から かけて来る おはよう おはよ
京人形 赤いかのこの お振りそで 京人形の 見る夢は 加茂のかわらの さ
雨がふります 雨がふる 遊びにゆきたし かさはなし 紅緒(べにお)
ほたる ほたるのやどは 川ばたやなぎ やなぎおぼろに 夕やみよせて 川の
ねんねのお里 ねんねのお里は よいお里 こんもり小山が 西東 みかん畑も 見え
ねむの花 ねむれ ねむれ ねむの花 ねむれ あしたの朝は 虹(にじ)の橋(はし
この道 この道はいつか来た道 ああ そうだよ あかしやの花が咲いてる
お星さま お星さま ピカリ お話してる 小さな声で かわいい声で お話して
お月さんとぼうや 一日(ついたち)お月さん 象さんのおめめ おめめのお月さん どん
おたまじゃくし おたまじゃくしは まっくろで 頭がまるく 尾が長く 手足はなくて
うたう足の歌 まるい地球の上に 季節はめぐり 新しい土のにおいがすると ぼく
虫のこえ あれ松虫が 鳴いている チンチロチンチロ チンチロリン あれ鈴虫
ねこふんじゃった ねこふんじゃった ねこふんじゃった ねこふんづけちゃったら ひ
椰子の実 名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実一つ 故郷の岸を 離れ
待ちぼうけ 待ちぼうけ 待ちぼうけ 或(あ)る日せっせと 野良(のら)かせぎ そ
すかんぽの咲くころ 土手のすかんぽ ジャワさらさ 昼はほたるが ねんねする ぼくら
砂山 海は荒海 向こうは佐渡よ すずめ啼け啼け もう日は暮れた みんな
春が来た 春が来た 春が来た どこに来た 山に来た 里に来た 野にも来た
おぼろ月夜 菜の花畠に 入日薄れ 見渡す山の端 霞深し 春風そよ吹く 空を見
ふるさと うさぎおいし かの山 こぶなつりし かの川 ゆめはいまも めぐり
チューリップ 咲いた 咲いた チューリップの花が 並んだ 並んだ 赤 白 黄色 ど
のろのろでんでんむし のろのろ でんでんむし かたつむり かきねの うえまで のぼる き
おもちゃのマーチ やっとこやっとこ くり出した 玩具(おもちゃ)のマーチが ラッ
こおろぎ こおろぎ ちろちろりん こおろぎ ころころりん ちろちろりん こ
トマト トマトって かわいい なまえだね うえから よんでも ト・マ・ト
里の秋 しずかなしずかな 里の秋 おせどに木の実の 落ちる夜は ああかあ
あの子はたあれ あのこはたあれ たれでしょね なんなんなつめの はなのした おに
たのしい朝 空は青空 希望の朝だ このかたくんで このうでくんで 花も咲いて
やさしいおかあさま わたしがおねむに なったとき やさしくねんねん こもりうた うた
おつかいありさん あんまりいそいで こっつんこ ありさんとありさんと こっつんこ
ぞうさん ぞうさん ぞうさん おはなが ながいのね そうよ かあさんも なが
こわれたすいどう こわれたすいどう ピッタン テトン テッタン ピン いくらしめて
鯉のぼり 甍(いらか)の波と 雲の波 重なる波の 中空(なかぞら)を 橘(たち
雲のかげ いそがにゃお馬よ 夜があけよう 手綱(たづな)の下から ちょいと
雨降りお月 雨降りお月さん 雲のかげ お嫁にゆくときゃ 誰とゆく 一人でから
村のかじや しばしもやまずに つち打つひびき 飛び散る火花よ はしる湯玉(ゆ
もみじ 秋の夕日に 照る山もみじ 濃(こ)いも薄(うす)いも 数ある中に 松
どんぐりころころ どんぐりころころ どんぶりこ お池にはまって さぁたいへん どじ
十五夜お月さん 十五夜お月さん ごきげんさん 婆(ばあ)やはおいとま とりました
赤い靴 赤いくつはいてた おんなの子 異人(いじん)さんにつれられて 行
めえめえ小山羊 めえめえ 森の小山羊 森の小山羊 小山羊はしれば 小石にあたる
七つの子 からす なぜ鳴くの からすは山に かわいい 七つの子があるからよ
夕方のおかあさん カナカナぜみが 遠くで鳴いた ひよこの母さん 裏木戸(うらきど)
森のよあけ くるみの おとで よがあけます もりの なかの りすの おうち ぽ
豆っこ打ち 背戸(せど)の日だまりに 莚(むしろ)っこをしいてな 豆っこ打って
ちいさい秋みつけた 誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた ちいさい秋 ちいさ
たきび かきねの かきねの まがりかど たき火だ たき火だ おちばたき あ
まんじゅうとにらめっこ まんじゅう まんじゅうくん にらめっこ しよう 薄茶色の はげあ
うさぎとかめ もしもしかめよ かめさんよ 世界のうちで お前ほど 歩みののろい
あめふり 雨 雨 ふれふれ かあさんが 蛇(じゃ)の目でおむかい うれしいな
あの町この町 あの町この町 日が暮れる 日が暮れる 今きたこの道 帰りゃんせ
しょうじょうじの狸ばやし しょ しょ しょじょじ しょじょうじの庭は つ つ 月夜だ みんな
兎のダンス そそら そらそら 兎のダンス タラッタ ラッタラッタ ラッタ ラッ
背くらべ 柱のきずは おととしの 五月五日の 背くらべ ちまきたべたべ 兄
夕日 ぎんぎん ぎらぎら 夕日が沈む ぎんぎん ぎらぎら 日が沈む まっ
くつがなる お手々つないで 野道をゆけば みんなかわい ことりになって 歌を
春よ来い 春よ来い 早く来い あるきはじめた みいちゃんが 赤いはなおの
お山のお猿 お山のお猿は まりがすき とんとんまりつきゃ おどりだす ほんに
雀の学校 ちいちいぱっぱ ちいぱっぱ 雀(すずめ)の学校の先生は むちをふ
たなばたさま ささのはさらさら のきばにゆれる お星さまきらきら きんぎん砂
お正月 もういくつねると お正月 お正月には たこあげて こまをまわして
じゃんけんぽん じゃんけんぽんよ あいこでしょう あらあらだめよ もう一度 じゃ
みどりのそよかぜ みどりのそよ風 いい日だね ちょうちょうもひらひら まめの花 な
どこかで春が どこかで春が 生まれてる どこかで水が ながれ出す どこかでひ
嬉しい雛まつり 燈火(あかり)を點(つ)けましょ ぼんぼりに お花を上げましょ 桃
りんごのひとりごと わたしは真赤な りんごです お国は寒い 北の国 りんご畑の 晴れ
赤い帽子 白い帽子 赤い帽子白い帽子 仲よしさん いつも通るよ 女の子 ランドセルし
ほろほろ鳥 ほろほろ鳥は 雨ふらす 雨がふります ほろ ほろ ほろ ほろ 知ら
わからんちゃん なんにも わからん わからんちゃんが いてね おしごと はじめた
つばめの旅 つばめ つばめ 海超えて はるばる渡る つばくらめ とうさんつば
ばあやたずねて 森かげの 白い道 かたかたと 馬車は駆けるよ あかい空 青い流れ
お花のホテル 青いお風に ゆれている お花のホテルは よいホテル かわいいちょ
すずらんの花咲く丘 すずらん咲いてる 丘の上 お馬車にゆられて はるばると ねえさま
みどりのそよ風 呼ぶはみどりの そよかぜよ 燃える日の出だ キンコンカン 鐘が聞
青い風 ますみの青空 はるばると 心もほがらな 青い空 ひばりも空から
日の丸のはた 白地に赤く 日の丸染めて ああ 美くしい 日本のはたは 朝日のの
バスの歌 どこの誰だか 知らない人と なかよくならんで こしかけて バスは
おなかのへるうた どうしておなかが へるのかな けんかをすると へるのかな なかよ
サッちゃん サッちゃんはね サチコっていうんだ ほんとはね だけどちっちゃ
ポプラ のぼる朝日の さしそえば 輝く朝の 喜びを こがねの色に つつま
空にらくがきかきたいな 空にらくがき かきたいな いっぱい いっぱい かきたいな かきた
じまん うしさんと うしさんと 出あったら どっちも どっちも じまんで
おすもうくまちゃん おすもう くまちゃん くまのこちゃん はっけよいよい はっけよい
ことりのうた 小鳥はとっても 歌がすき 母さん呼ぶのも 歌でよぶ ピピピピピ
電車 チンチン電車が 動きます ゴウゴウ町の まん中を 走っていきます
おかしの汽車 ガッタンコッコ ガッタンコ おかしの汽車が 走ります おかまは丸
おもちゃのチャチャチャ おもちゃの チャチャチャ おもちゃの チャチャチャ チャチャチャ
ふぶきの晩 ふぶきの晩です 夜ふけです どこかでよがもが 鳴いてます あかり
だれが風を 見たでしょう ぼくもあなたも 見やしない けれど木(
グッド バイ グッドバイ グッドバイ グッドバイバイ とうさんお出かけ 手をあ
夜なか ろばたで茶がまが ぶくぶくたぎる だれも知らない 夜なかの夜な
木の葉 散るよ 散るよ 木(こ)の葉が散るよ 風も吹かぬに 木の葉が散るよ
赤とんぼ 夕やけ小やけの 赤とんぼ 負(お)われて見たのは いつの日か 山の
赤ちゃんのお耳 赤ちゃんのお耳は 小さなお耳 ふっくらかわいい かたつむり 右と
秋の子 すすきの中の子 一、二の三人 はぜつりしてる子 三、四の五人 ど
四匹のおうま おうまが通る 白うま黒うま 白うま黒うま 続いて通る おんなじよ
四ちょうめのいぬ 一ちょうめの子ども 駈け駈け帰れ 二ちょうめの子ども 泣き泣き
金魚のひるね 赤いべべ着た かわいい金魚 おめめをさませば ごちそうするぞ
汽車ポッポ お山の中ゆく 汽車ぽっぽ ぽっぽ ぽっぽ 黒い煙(けむ)を出し し
絵日がさ さくらひらひら 絵日がさに ちょうちょもひらひら 来てとまる う
海ほおずきの歌 その日は海が あれていた 大波小波に 運(はこ)ばれて 見知らぬ浜
ラッパでプカプカ 朝風つめたい たき火がけむい コケコのおじさん きげんがわるい
ママのおひざ ママのおひざは よいおひざ いつでもわたしが だっこすりゃ おい
ペチカ 雪の降る夜(よ)は 楽しいペチカ ペチカ燃えろよ お話しましょ 昔
スキー ツララ ツツツー 楽しいスキー 雪にふたすじ あとふみつけて 長
シャボン玉 シャボン玉とんだ 屋根までとんだ 屋根までとんで こわれてきえ
キャベツのお山に キャベツのお山に ねずみがきました ちょろりこ ちょろりこ チュ
わたしがもしもおかあさんなら わたしがもしもおかあさんなら 春風そよそよ吹く日には ひなぎく
りす りす 小りす りす りす 小りす ちょろ ちょろ 小りす あんずの実が 赤いぞ 食
ゆうえんちのひこうき ゆうえんちの ひこうきに つながなければ いいのにね 世界中に
やぎさんゆうびん 白やぎさんから お手紙ついた 黒やぎさんたら 読まずに食べた し
もんしろちょうちょのゆうびんやさん もんしろちょうちょの ゆうびんやさん 朝から配達 朝から配達 あ
まつぼっくり ぼっくりぼっくり 松ぼくり お山のお山の 松ばやし 拾うよ ぼっ
はなび ドンとなった はなびだ きれいだな 空いっぱいに ひろがった し
はごろも 白い浜べの 松原に 波が寄せたり 返したり あまのはごろも ひら
てるてるぼうず てるてるぼうず てるぼうず あした天気に しておくれ いつかの夢
つばめさん つばめさん つばめさん どこで うみほおずき さがしたの るり る
たかいたかい かあさま かあさま たかいたかい してよ あおいあおい あちらを
しかられて しかられて しかられて あの子は町まで お使いに この子はぼうや
ざんぶりこ ざんぶりこ どんぶりこ ざんぶり どんぶり ざんぶりこ 浜べの砂
こっこのおにごっこ ひよこのこっこ ひよこのこっこ ひよこのこっこが おにごっこ こ
ぎらぎらとひょろひょろとちかちか そらにはおひさま ギラギラ しろいこうまは パッカパカ あかいふ
かわいいかくれんぼ ひよこがね お庭でぴょこぴょこ かくれんぼ どんなにじょうずに
かえろかえろ かえろかえろと なに見てかえる 寺のついじの 影(かげ)を見い見
お散歩 お出かけしましょう お散歩に 朝のお散歩 ほたる草 こおろぎころ
お山の細道 お山のお山の 細道は だれだれ通る だれ通る きつねの親子の 通
おさるとりすの子 お山のおさると りすの子は お使いしたので ごほうびに 木の実に
うさぎさんがきてね うさぎさんがきてね おなまえつけてといいました ピョンタちゃん
あした おかあさま 泣かずにねんね いたしましょう 赤いお船で とうさま
あさね とろろん とろろん 鳥がなく ねんねの森から めがさめた さめる
アイアイ アイアイ(アイアイ) アイアイ(アイアイ) おさるさんだよ ア
ぽっぽっぽ 鳩ぽっぽ 豆がほしいか そらやるぞ みんなでなかよく
おうま おうまのおやこは なかよしこよし いつでもいっしょに ポックリ
クラリネットをこわしちゃった ぼくのだいすきな クラリネット パパからもらった クラリネット
山口さんちのツトム君 山口さんちのツトム君 このごろ少し変よ どうしたのかナ 広場で
  ▲TOP


ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.