THE BACK HORNの歌詞タイトル一覧

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。
歌詞ナビ > THE BACK HORN

THE BACK HORNの歌詞一覧


該当件数134件 その内1〜134件
新着順|▲ 人気順曲名順
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌い出し - - - ◆ ミニ情報   
1 コバルトブルー この夜が明ける頃 僕達は風になる 勿忘(わすれな)の花びらを 舞
2 初めての呼吸で 夢を抱いて暮らしを背負(しょ)って 生まれ消えてゆく洗濯機の銀
声 / THE BACK HORN3 遠い夏 光の中で燃えていた季節が過ぎる 俺達は出会った日から探
4 立ち上がれ 死んでも譲れないものがある 振り向くな 後ろに道は映画「魁!!男塾」主題歌
5 コオロギのバイオリン さめてく夢が夢ならば なぜ夜は来るのだろう 一瞬の幻じゃない
夏の残像 / THE BACK HORN6 夏の残像 手をつないで歩いた海岸線 温もりが風に吹かれ消えた 潮騒のメロ
ハナレバナレ / THE BACK HORN7 ハナレバナレ ハートブレイクな世界よ くたばれ 何者でもないまま 駆け抜ける
8 キズナソング 誰もがみんな幸せなら歌なんて生まれないさ だから世界よもっと
9 ブラックホールバースデイ ブラックホール 闇のバースデイ 黒い太陽 蜷局(とぐろ)を巻く
10 カオスダイバー 世界の始まりは泥にまみれた暮らしだった 僕らの生活は命を活か
果てしない物語 / THE BACK HORN11 果てしない物語 少し色褪せた赤い夕焼けと 蒼い情熱を詰めたアルバム 点けた導
イカロスの空 / THE BACK HORN12 イカロスの空 ああ空よ 教えてくれ 全てを抱いて生きる強さを ひらひら舞い落
美しい名前 / THE BACK HORN13 美しい名前 泣きたい時ほど涙は出なくて 唇噛んでる真っ白い夜 体中に管をた
共鳴 / THE BACK HORN14 共鳴 世界は砕け散って 深い闇に飲まれて 誰もが不完全な二つと無い魂
虹の彼方へ / THE BACK HORN15 虹の彼方へ 交差点に佇んだ花束 通り過ぎる 虚しい喧騒の音 ふと見上げた月
敗者の刑 / THE BACK HORN16 敗者の刑 ここは天国か地獄か 欲望の渦が咲き乱れる街 人は一輪の希望を奪
ハロー / THE BACK HORN17 ハロー 自由に広がる心に果てはないよ 見えない力が世界を変えてゆくよ
舞姫 / THE BACK HORN18 舞姫 嗚呼 今は昔 許されない恋があった 花吹雪に紛れそっと その姿を
フリージア / THE BACK HORN19 フリージア フリージア 永遠を願っている 夢の中 泣いてる 風の中 咲いてる
航海 / THE BACK HORN20 航海 さぁ 出かけるのさ 紺碧の水平線の彼方へ さぁ 錯を上げ凍り付く
シアター / THE BACK HORN21 シアター 始まりのベルが鳴っていつもの席に着いた 最後のシーンが来るま
負うべき傷 / THE BACK HORN22 負うべき傷 振り返る足跡には明快な答えはない 信じた道は遥か 遠くに霞んで
理想 / THE BACK HORN23 理想 反射する 白銀の光に まぶた閉じれば 涙よりきれいな世界まで 届
枝 / THE BACK HORN24 僕たちは弱い 涙を流すから いろんな気持ちが人を殺すから 僕た
罠 / THE BACK HORN25 絶望は甘い罠 鎖されたその扉 心が戦場だから誰にも救えない ゼアニメ「機動戦士ガンダム00」主題歌
真冬の光 / THE BACK HORN26 真冬の光 この心が汚れてても吐く息は白 窓を開けて見上げていた放課後の
水芭蕉 / THE BACK HORN27 水芭蕉 水芭蕉を風が揺らし思い出だけ残してく 帰り道の夕焼け空 長く伸
セレナーデ / THE BACK HORN28 セレナーデ 白鳥になれなかったバレリーナが 籠の中 ヒステリックに踊る夜
覚醒 / THE BACK HORN29 覚醒 黒い翼広げ 羽撃くカラスが夜を告げる 赤いテールライト 流れる
赤い靴 / THE BACK HORN30 赤い靴 赤い靴を履いた愛しいあの人が 十二月の雨に撃たれながら消えた
世界を撃て / THE BACK HORN31 世界を撃て 突風が吹いて葛藤が砕け散った 雑踏を抜けて戦場へ舞い戻った そ
フロイデ / THE BACK HORN32 フロイデ 最果ての戦場に遠吠えが響く 迫りくる地平線 蠢く鋼の音 振り向
さざめくハイウェイ / THE BACK HORN33 さざめくハイウェイ 溢れ出す 人ゴミの中で 動けない 僕は動かない 見上げては欠伸噛
鏡 / THE BACK HORN34 鏡の無い世界じゃきっと僕達は 自分を殺してしまうよ 鏡の無い世
白夜 / THE BACK HORN35 白夜 君にさよならを告げて俺は晴れて自由になった 縛られて嫌になっ
蛍 / THE BACK HORN36 星よ 月の雫よ 誰の道を照らすのだろう 風よ 森よ 命よ 孤独さえ
グラディエーター / THE BACK HORN37 グラディエーター 迷い込んだ砂漠の果て 生きる意味を無くしたまま 握りしめた剣は
人間 / THE BACK HORN38 人間 人間はカナシイ 人間はハカナイ 人間はミニクイ 人間はキレイダ
生まれゆく光 / THE BACK HORN39 生まれゆく光 何を話そう 未だ見ぬ君へ 僕が見てきた悲しみの果て 傷つけ合っ
戦う君よ / THE BACK HORN40 戦う君よ 戦う君よ 世界を愛せるか 紺碧の空に三日月滲んで消えた 何故君
神の悪戯 / THE BACK HORN41 神の悪戯 神が舞い降りる 蛇腹模様の空 目覚めた欲望がヒステリックな夜
パラノイア / THE BACK HORN42 パラノイア ガラス細工の僕の心 月を透かし夜に消えた ここが何処だか分から
栄華なる幻想 / THE BACK HORN43 栄華なる幻想 遥かなる大地を踏みしめていたのは若き血潮 遠い空 想いはいつも
閉ざされた世界 / THE BACK HORN44 閉ざされた世界 赤く濡れた指先でサイは振られ 宇宙(ソラ)へ落ちてゆく 深く深く「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」主題歌
真夜中のライオン / THE BACK HORN45 真夜中のライオン 熱帯雨林の街は夜の匂い 淋しげな愛と光の雨 真夜中のライオン震
警鐘 / THE BACK HORN46 警鐘 このダイナマイトみたいな悲しみを また高性能な知能が邪魔をし「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」Supporter's meeting 2010 キャンペーンソング
雷電 / THE BACK HORN47 雷電 開放の種蒔いてみればパンドラの箱が開く 崩壊の音響きわたり「
ラフレシア / THE BACK HORN48 ラフレシア この星に蔓延してゆく感情のパンデミック あきらめ悪い体温が生
再生 / THE BACK HORN49 再生 俺達はあてもなく産まれたリンドウ 悲しみも愛せずに一人咲いて
羽衣 / THE BACK HORN50 羽衣 輝く星空よ 全てを受け止めて 散らばった思い出をもう一度照らし
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌い出し - - - ◆ ミニ情報   
海岸線 / THE BACK HORN海岸線 希望なんて無くても世界はとりあえず美しい 光は滑走路 波の間に
ペルソナ / THE BACK HORNペルソナ 大暴落の感情 はじけ飛び急上昇 足りない頭コネて フィクション
太陽の仕業 / THE BACK HORN太陽の仕業 灼熱の街は猛獣ハンターのパラダイス 感情が暴発する炎天下の交
汚れなき涙 / THE BACK HORN汚れなき涙 木々が揺れるざわめく夜は 不気味なほどに死の匂いがする 赤い
パレード / THE BACK HORNパレード ほら 振り返れば足跡 俺にはまだこの街で生きてく資格はあるのか
シリウス / THE BACK HORNシリウス 共に生き歩んだ日々 支え続けてくれた人 立ち尽くすあなたの為
一つの光 / THE BACK HORN一つの光 命の始まりと終わりが同時に訪れた朝 行き場をなくした感情と立
クリオネ / THE BACK HORNクリオネ カーテンの向こう側にあふれる光 シーツの海抜け出して 出かけよちふれ化粧品「SAVE WOMAN」2011CMソング
トロイメライ / THE BACK HORNトロイメライ チクタク チクタク… 鼓動がこの耳もとでささやいて 深い愛情を
シンフォニア / THE BACK HORNシンフォニア 僕が死にゆく時のためのエチュードが 流星群のように降りそそぐ
グレイゾーン / THE BACK HORNグレイゾーン 人を愛して 人を許して 人を信じてる 文明は正を求め儚く移ろう
いつものドアを / THE BACK HORNいつものドアを いつものドアを開けるのが これほど怖いことだとは 深い海の底
風の詩 / THE BACK HORN風の詩 その詩は夢からやってきた 懐かしい景色を想いだすように まぶ
星降る夜のビート / THE BACK HORN星降る夜のビート 今夜降りしきる星の雨のように 宇宙で一番の明かり探すよ 夜が明
超常現象 / THE BACK HORN超常現象 超常現象を信じて生きてる 妄想しまくり無法な地帯 裏側の構造
反撃の世代 / THE BACK HORN反撃の世代 剥ぎ取られた誇りと押しつけた夢の国 取り返した平和は偽りの暇
自由 / THE BACK HORN自由 炎天下の庭 彼は耳までうな垂れていた 自由になれとそっと首輪を
世界中に花束を / THE BACK HORN世界中に花束を 何故だろう 何もないな あんなに欲しかったのに あるのは寂しさ
ラピスラズリ / THE BACK HORNラピスラズリ 一歩また一歩 歩み続けてくんだ 顔が向いてりゃ前向きだろう 一
ミュージック / THE BACK HORNミュージック 言葉にならない心のメッセージ 高らかに刻め 真っ白な地図に 背
バトルイマ / THE BACK HORNバトルイマ さあ何を選び取る? 生き残れる人々よ 綱渡り スマート目指し バ
雨に打たれて風に吹かれて / THE BACK HORN雨に打たれて風に吹かれて 雨に打たれて風に吹かれて 耐え抜いてゆく日々を なぞるように繰
シンメトリー / THE BACK HORNシンメトリー One more time, we celebrate I found a place where we belong
コワレモノ / THE BACK HORNコワレモノ 人気もんも嫌われもんもみんな仲良くこわれもんさ 怒りん坊 さみ
春よ、来い / THE BACK HORN春よ、来い 淡き光立つ 俄雨 いとし面影の沈丁花 溢るる涙の蕾から ひとつ
月光 / THE BACK HORN月光 「旅を始めよう 風さえ寝静まった夜に」 古い映写機が映し出すの
ビリーバーズ / THE BACK HORNビリーバーズ 転がる岩石になって諦めを蹴散らして進むんだ 賢い選択とは言えグリコポッキーチョコレート スペースシャワーTVバージョンCMソング
シェイク / THE BACK HORNシェイク 目隠し庶民に魔法をかけて 海原クジラの背中で眠る 如何様 金儲
ブランクページ / THE BACK HORNブランクページ ラララ この声が届くように ラララ 空高く響き渡れ 「もし俺が
飛行機雲 / THE BACK HORN飛行機雲 いつもと変わらない煌めく海を見つめてた 空から一筋の飛行機雲
サナギ / THE BACK HORNサナギ 君はまだ知らない ここに生まれてきたことを 君はまだ知らない
エンドレスイマジン / THE BACK HORNエンドレスイマジン 「第三次世界大戦はすでに始まってるんでしょ?」と少年 迷彩の
幻日 / THE BACK HORN幻日 幻日 十字架が傾いて罰になった夜明け前 崩壊 晴天の霹靂 天高く
タソカゲ / THE BACK HORNタソカゲ 家路急ぐ音 不意の雨上がり 続く夢の中 街を包む風 長く伸びた
ホログラフ / THE BACK HORNホログラフ 暗い 高架橋の上 変幻自在 点在する ビルの明かり 僕ら今日も眠
悪人 / THE BACK HORN悪人 あの悪人はきっと僕だ あのイッちゃった集団も僕だ あの卑怯者(
その先へ / THE BACK HORNその先へ とりあえず全部ぶっ壊そう 閃いたライブハウスで 世界が動き出し
路地裏のメビウスリング / THE BACK HORN路地裏のメビウスリング 「救いようもない男だ あいつなんてやめちまえ」って 言われれば
暗闇でダンスを / THE BACK HORN暗闇でダンスを oh my soul 今日埋葬されてたまるか 迷走抜けて 鳴らすんだ my s
ダストデビル / THE BACK HORNダストデビル 誰よりもゴージャスな 憂いをあなたは身に付け 幼き日にくぐった
tonight / THE BACK HORNtonight そう ここに立って見下ろしたこの街を 離れてゆくと決めたのは
コンクリートに咲いた花 / THE BACK HORNコンクリートに咲いた花 嵐が去って 蕾が開いたら また旅が始まるんだよ 終わる為じゃな
記憶列車 / THE BACK HORN記憶列車 ゆうべの汽車に乗って あなたを探しにゆく 破れかけの写真を 胸
胡散 / THE BACK HORN胡散 壮大に拡がる地球 光の速さで繋がって 文明は進化に夢中 人類の
魂のアリバイ / THE BACK HORN魂のアリバイ 刻め刻め ここで確かに 俺たち生きていると 刻め刻め 存在の歌BCリーグ福島HOPES公式サポートソング
シュプレヒコールの片隅で / THE BACK HORNシュプレヒコールの片隅で そして彼女は行方不明 雷鳴が銃声をかき消したあの晩に 「戦お
君を守る / THE BACK HORN君を守る 今夜見送ったら僕の役目も終わり そしたら生きてる意味もないな
カナリア / THE BACK HORNカナリア 古の鼓動 瞼浮かぶ影 風頬を撫でた 紺碧に月白く 高く 常しえの
With You / THE BACK HORNWith You 沢山の言葉なんてもう 今は必要ないんだろう 君の温もりだけ 頼リクルート「タウンワーク・告白」篇CMソング
言葉にできなくて / THE BACK HORN言葉にできなくて 君のことが好きでした ずっと 言葉にできなくて 君に逢えるなら
あなたが待ってる / THE BACK HORNあなたが待ってる あなたが待ってると思うだけで もうそれだけであったかい 優し
始まりの歌 / THE BACK HORN始まりの歌 伝えたかった想いは いつだってポケットの中 渡せないまま 色褪
孤独を繋いで / THE BACK HORN孤独を繋いで 砕け散れオンボロハート 隠す言葉は届かない 譲れないものばかり
導火線 / THE BACK HORN導火線 心がダンスするような季節 風が吹いて 君のあげ初めし ほつれ髪
グローリア / THE BACK HORNグローリア 人生どう転がるか分からない それを楽しんだもん勝ちだ 腰がひけ
ひょうひょうと / THE BACK HORNひょうひょうと 光の中行くのなら 心には三日月を さらされし道こそ 静かに見据
赤眼の路上 / THE BACK HORN赤眼の路上 答えはいらない そんなの嘘だろう 誰もが生きてく理由が欲しいだ
扉 / THE BACK HORN この扉 ノックする確信のリズム 声も無く呼んでいる存在のパルス
晩秋 / THE BACK HORN晩秋 乱れた後の空しさ まるでそんな感じ すべてが遠くぼやけて見える
ジョーカー / THE BACK HORNジョーカー 子供の頃に描いた夢、大学生と書きました。 子供の夢らしくない
冬のミルク / THE BACK HORN冬のミルク 夜を抜け出す海沿いを走って あらゆる感情が浮かび消えた 心を焦
何処へ行く / THE BACK HORN何処へ行く 何処へ行く 青く咲き野道を遠く離れて 何も変わらねえよ 全て変
上海狂騒曲 / THE BACK HORN上海狂騒曲 かわいいあの娘の手首にゃ傷がある チャイナブルーさ 笑顔を奪っ
泣いている人 / THE BACK HORN泣いている人 街の片隅で泣いている人 誰に泣かされたんだろう 自分に腹が立っ
無限の荒野 / THE BACK HORN無限の荒野 屍踏み散らして尚も又斬る 鎖は今放たれた 無双の刃 広い荒野の
シンクロ / THE BACK HORNシンクロ 大切なのに傷つけて 傷つけるのに守りたくて それでも弱さを見せ
Running Away / THE BACK HORNRunning Away 通い慣れた季節の傍で 誰のものでもない夜明け 風に向かって ひ
儚き獣たち / THE BACK HORN儚き獣たち 終わりを夢見たあの日々は死んでいった 時は過ぎて 戸惑いだらけ
閃光 / THE BACK HORN閃光 どうか光のかけらよ 君の日々を一時でも 人生のシビアさから 痛
がんじがらめ / THE BACK HORNがんじがらめ がんじがらめがらめがらめ‥‥ なんもかんもがデッドエンドで
情景泥棒 / THE BACK HORN情景泥棒 操縦席から見てるのは 未来から来た売人だろう そっちじゃ高値が
情景泥棒〜時空オデッセイ〜 / THE BACK HORN情景泥棒〜時空オデッセイ〜 油断したぜ ポケットに空いた穴から 時空間(そら)に 情景が零れ
光の螺旋 / THE BACK HORN光の螺旋 息を切らして走る 君の背中を見つめ 追えば追うほど遠く 眩しく
心臓が止まるまでは / THE BACK HORN心臓が止まるまでは ハローハロー 生きるための言葉を刻もう 僕の体を切ってみたら
太陽の花 / THE BACK HORN太陽の花 暗闇さえ紅く染める 命は燃え上がる太陽だ 優しい痛み 虚しい怒
果てなき冒険者 / THE BACK HORN果てなき冒険者 戦いを終えた勇者のような気分だ 危なげなく今日も幕を下ろす 揺
金輪際 / THE BACK HORN金輪際 疲労困憊 逆に笑っちまう 今日乗り切ればやっと週末だ 理不尽な
鎖 / THE BACK HORN 翳む魂 彷徨った 底なし欲望の果て 足りない まだまだ 何もかも
フューチャーワールド / THE BACK HORNフューチャーワールド リアルなのは画面の向こうだ そんな気がしてポツリつぶやいた 青
ソーダ水の泡沫 / THE BACK HORNソーダ水の泡沫 ずっと僕ら 笑って 寄り添うように 離れないから そっと僕ら こ
ペトリコール / THE BACK HORNペトリコール ひゅるりひゅるり カーテンが揺れた そうか あれが本当のサヨナ
デスティニー / THE BACK HORNデスティニー ああ 見えない檻に囲まれて 震える身体に降り積もった雪 また い
I believe / THE BACK HORNI believe I believe ひらひらと金ばかり飛んで 前髪がチラつくから 少し
アンコールを君と / THE BACK HORNアンコールを君と この夜を奇跡と名付けよう 出会いを祝福して 溢れ出した涙の数だ
  ▲TOP


ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.