ゆずの検索結果一覧 - 歌詞ナビ

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 検索
曲名 歌手名 歌詞 作詞家 作曲家 ミニ情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ゆずの検索結果
該当件数200件 その内1100
新着順人気順曲名順
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ 歌い出し
fromゆず 始まりはいつも こんな調子で 降
栄光の架橋ゆず 誰にも見せない泪(なみだ)があっ
夏色ゆず 駐車場のネコはアクビをしながら
始まりの場所ゆず この町に潜(ひそ)んでる 場違い
ゆず 君の足に絡みつくのは何 劣等感?
Hey和ゆず 神は僕らの心の中にある 一つ一
ゆず 僕らはいつも試されている 立ち
Yesterday and Tomorrowゆず 夕焼け染まる君の横顔 何もなか
言えずの♡アイ・ライク・ユーゆず 今も言えずの I Like You 君に触
LOVE & PEACHゆず I My Meが曖昧じゃ もうおかしく
境界線ゆず 海が見えます ここから奇麗な海
逢いたいゆず もしも願いが叶うのなら どんな
サヨナラバスゆず 予定時刻は6時 あとわずかで僕ら
いつかゆず 少しずつ街の風も冷たくなってき
ゆず 涙が溢(あふ)れて 途方にくれた
桜木町ゆず 海沿いの道を 手をつないで歩い
うまく言えないゆず 初めて出逢った日の事を 君は今
飛べない鳥ゆず ここにあるのは風 そして君と町
背中ゆず 庭先で水を撒く その背中は気付
嗚呼、青春の日々ゆず 初恋のあの人が もうすぐ母親に
友達の唄ゆず 毎日毎日くだらない事をやっては
またあえる日までゆず 青い空 白い雲 勇気を持って踏み
いちごゆず 甘いいちご 頬ばるように僕を愛
ストーリーゆず どうしたの?さえない顔して い
からっぽゆず 何気ない様な顔して いつもと同
心の音ゆず もう日は暮れた 薄暗い辺りをぼ
みらいゆず 子どもの頃見た海は光っていて
いつかゆずおだ 少しずつ街の風も冷たくなってき
ボサ箱根ゆず フ・フロ フフ・フロ フ・フロ
連呼ゆず 久しぶりに会った友達が 何かヤ
雨と泪ゆず そんなに泣かなくていいんだ そ
HAMOゆず wow wow 果てしない COCOLO wow
スーパーマンゆず スーパーマンにはなれないな 今
超特急ゆず 超特急 夢を見たあの日僕らは…
桜会(さくらえ)ゆず 目を閉じれば今日も 僕にある幸
てっぺんゆず 六大学出のインテリの坊ちゃんに
ところでゆず 時々僕はここへ来て 雨雲が抜け
アゲイン2ゆず 君が見つけた勇気の花 色褪(あ)
センチメンタルゆず 打ち寄せる波の音に慌(あわ)てて
少年ゆず 人生を悟る程 かしこい人間では
マイライフゆず 君が笑ったから笑顔になれたんだ
地下街ゆず 木漏れ陽が眩しい10月晴れた午後
なにもないゆず 失くしたものを探し歩いている
朝もやゆず 丘の上から 風が吹き抜ける 何度
明日天気になぁれゆず これで本当によかったのかな?
春風 meets 葉加瀬太郎ゆず 窓の外は冷たい雨が降り続いてる
はるかゆず 夕焼け染まる 風に吹かれて立ち
ワンダフルワールドゆず 機関銃を抱きしめて眠る子供が
アゲインゆず 泪に濡れて滲んだ空に 悲しみを
two友ゆずグレン Sunrise and Sunset Monday to S
ビジネスゆず 敏腕なんだか 絶妙なバランスだ
〜風まかせ〜ゆず 鏡の中曇った笑顔の僕を見た 優
悲しみの傘ゆず 玄関の隅に少し大きな傘が掛けて
旅立ちのナンバーゆず 向こうに遙か ぼんやりと見える
命果てるまでゆず 同じゴミならどうせ 燃えるゴミ
心の友よゆず たとえばどこかの町の片隅で あ
くず星ゆず 何も僕にはできないと 決めつけ
恋の歌謡日ゆず 来るはずもない電話鳴らないの分
スミレゆず 旅の途中僕等(ぼくら) 時にはつ
月曜日の週末ゆず 乗り遅れた人達は 必ず聞こえな
健太郎のお姉ちゃんゆず 天神前のバス停を通る度 僕はキ
カナブンゆず 坂の途中振り返る 海は見えるの
ダスティンホフマンゆず 昨日の夜友達からの電話で 君が
ユーモラスゆず 時々僕等はひどく落ちこんだりし
ムラサキ色ゆず 一国沿いをひた走る まるでいつ
代官山リフレインゆず 代官山の歩道橋の上から 眺めて
第九のベンさんゆず 人は太古の昔から 音に乗せて歌
赤いキリンゆず 工場に囲まれた港町 生まれ育っ
シュビドゥバーゆず 明日の事なんて気にもしないで
日だまりにてゆず 久しぶりだよこの町を歩いてる
冷めたコーヒーゆず 土曜の夜だってのに この僕とき
夕立ちゆず 夕立ちの他に何を理由にしろと言
GOING HOMEゆず どれくらいの時間が過ぎたろう
3カウントゆず 期待通りの雨に打たれ 成(な)す
二つの言葉ゆず 誰のせいでもない わかってたの
モンテゆず 小さな僕の小さな街 バスがいっ
つぶやきゆず 一体どれくらいの争いがあったん
ウェイトレスとお客さんゆず 仕事の合間を抜け出して 僕はい
四時五分ゆず どうしよもなくくたびれる毎日で
傍観者ゆず 横目でチラリ そこの傍観者 アン
幸せの扉ゆず 一人君は泪を流していたね 騒が
空模様ゆず 泪色の空を見上げながら二人 訳
君は東京ゆず 高校出て誰よりも先に一人暮らし
ウソっぱちゆず もうあれからどの位 歩き続けて
無力ゆず どんなに誰かの前で虚勢を張って
クリスマスの約束ゆずおだ 遠い空の下で もしも君が独りで
大好きな君にゆずおだ 遠くの街並み 海辺に降る雨 予期
心のままにゆず 嗚々 今日も慌ただしい一日が 終
呼吸ゆず 君はまた傷を負う 絶え間なく続
する〜ゆず カッコつけた事は言えないけど o
ろくでなしゆず そう 今まで聞いた事も 初めから
レストランゆず 東京という町が あまり好きじゃ
ゼンマイゆず 退屈な朝 飛び込んだニュース 流
シシカバブーゆず そりゃいきなり誰だって 因縁観
君宛のメロディーゆず 町の風くるまって 切り出すのを
灰皿の上からゆず 灰皿の上にため息を吹きかけて
リアルゆず 通り雨が過ぎるまで ここにいる
もうすぐ30才ゆず 近所のコンビに行ったら 新しく
ニンジンゆず ぶら下げられたニンジンを よだ
陽はまた昇るゆず 「信じること」恐くて震えていた
 次の100件


TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
(C)歌詞ナビ