カテゴリ - 演歌

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。
歌詞ナビ > 演歌

演歌

該当件数3900件 その内1〜100件
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ 歌い出し - - - ◆ ミニ情報   
NEW
北のたずね人
中澤卓也 噂たずねて 迎えに来たよ 恥ずか
NEW
俺の愛だから
中澤卓也 夜明けにきみの 泣いてる声が 聞
NEW
光と影の天秤
中澤卓也 まぶしい光のそばに 果てしない
NEW
知床挽歌
走裕介 ことしの冬は 蝦夷(えぞ)ふくろ
NEW
網走港三番地
走裕介 止まる駅ごと 冬めいて 終着駅で
NEW
おんなの仮面
竹村こずえ あなたに甘える かわいさが あれ
NEW
想い出モノクローム
竹村こずえ 前ぶれなしに 別れを告げて あん
NEW
涙の鏡
竹村こずえ 鏡をのぞき 化粧を落とす 胸の淋
NEW
孫が生まれる
竹村こずえ 娘が嫁いだ その日から 待ってい
NEW
丹後なみだ駅
椎名佐千子 ねぇ 連れてって ねぇ 行かない
NEW
俺は浪花の漫才師
椎名佐千子 阿呆や阿呆やと うしろ指さされ
NEW
女郎花
椎名佐千子 一夜かぎりの 旅路の人と 知って
NEW
北海の篝火
一条貫太 波は親潮 千島の風か 荒れてくれ
NEW
男の夜曲
一条貫太 母の横顔 まなざしは 咲いた夕顔
NEW
宝もの
三山ひろし 一行書いては また消して かぜな
NEW
杉の大杉
三山ひろし 生まれたからには 人の世の 華に
NEW
北のおんな町
三山ひろし おんなごころと 秋の空 変わりや
NEW
徒情け
三山ひろし 男のずるさと 優しさが 女心を
NEW
雪中相合傘
伍代夏子 あゝ あなた ここから先は 人生
NEW
拝啓 男どの
伍代夏子 拝啓 男どの そなた 変らず お元
NEW
女が一人で飲む酒は
瀬川ゆき 女が一人で 飲む酒は あてなく降
NEW
もう一度 逢えたなら
瀬川ゆき 街の灯りに 夜霧がからむ からむ
NEW
櫻の花が咲きました
湯村れい子 昭和平成 女(わたし)の道は 上(
NEW
夢一途
湯村れい子 故郷(くに)を出るとき 背中に背
NEW
懐かしいマッチの炎
市川由紀乃 ああ 懐かしいあの時代 一本のマ
NEW
珊瑚抄
市川由紀乃 はかない夢につまずいて 傷つい
NEW
最愛のひと
五木ひろし&市川由紀乃 も一度逢えるならば 離しはしな
北風酒場長保有紀 北風シュルシュル こんな夜は 誰
夜の東京長保有紀 嘘で濁った シャンデリア 赤いド
度会橋小桜舞子 もしも世間に 知れたなら 終わる
噂になりたい小桜舞子 ひとつの傘に 寄り添えば せつな
ひとり酔いたくて石原詢子 「はぐれ鴎が 涙浮かべて 北へ飛
大阪おかん石原詢子 飴(あめ)ちゃんあげるで 遠慮は
もういちど江ノ島三代沙也可 あなたの面影 探しつつ 鳥居を抜
ふたりの湘南三代沙也可&三田ひろし 渚(なぎさ)のむこうに 夕日が沈
俺の花松尾雄史 風に吹かれて 飛ばされた 風花み
北の旅立ち松尾雄史 幸せに なるんだよ 俺など忘れ
明日へのかけ橋北原ミレイ そして又 陽が昇る 都会の屋根の
真冬のセレナーデ北原ミレイ 雪がふる 悲しみを凍らせて 雪が
三陸大漁祝い歌三本木智子 山背の風が 吹けば 活気(いき)づ
ルリエの花三本木智子 押し寄せる 波にも負けず 泥にも
おまえとふたり中澤卓也 わたしは 不幸ぐせ とれない女と
哀愁列車中澤卓也 惚れて 惚れて 惚れていながら
恋するお店中澤卓也 盛り場地図で 場末のはずれ 見落
倖せの隠れ場所北川大介 恋人よ 隣りにおいでよ 淋しさに
東京三日月倶楽部北川大介 夜空をひとり 見るたびに 満月の
人生ららばい北川大介 飢えた心で 彷徨(さまよ)って あ
しのび逢い北川大介 きれいな瞳をして あまえてすが
ひとり珠洲岬中西りえ 北へ北へと 旅する理由(わけ)を
- - - ◆ 曲名      - - - ◆ 歌手名     - - - ◆ 歌い出し - - - ◆ ミニ情報   
こぼれ恋中西りえ 恋は女の 命です 夜のネオンに
風雲太鼓桜井くみ子 風を呼べ 雲を呼べ 大地に響く
あんたがええねん、好きやねん桜井くみ子 悲しい時には 甘えてええよ 優し
男の名刺秋岡秀治 男の名刺の 裏側に 涙と汗が 沁
逢いたい夜秋岡秀治 理由(わけ)も言わず 雨の中に あ
夜の雨秋岡秀治 二度と戻るなよ もうこの町に ず
雨の天ヶ瀬秋岡秀治 しのび泣くよな 山鳥の声 聞けば
涙…止めて吉幾三 涙止めて 世界中の涙を 夢を見た
ふたり道藤あや子 降り止まぬ雨などないと 私を強
角館恋灯り藤あや子 枝垂(しだ)れ桜花びらが 小雪の
野付半島井上由美子 ここで私が もしも死んだら 涙流
志摩の月井上由美子 砂にうずめた 桜貝 あなた忘れて
すずらん食堂真木ことみ すずらん食堂は 踏切のそばで か
赤いすずらん真木ことみ わたしが あなたを うらぎるか
雪ノ花大川栄策 人並みの しあわせは とうの昔に
かえり花大川栄策 季節はずれの たんぽぽと そっと
天地人氷川きよし 命もらった 母から母へ 続く螺旋
恋初めし氷川きよし ひとはひとを 好きになり こころ
時のしおり上沼恵美子 あれは昭和の三十九年 希望を灯
人生これから上沼恵美子 夕べ強く降った 雨も止んで 澄み
恋樹氷花咲ゆき美 氷のホーム 無人駅 どこまで続く
去りゆく人に捧げる愛は花咲ゆき美 鏡に映る あなたの瞳 遠くを見て
旅愁岩佐美咲 あなたをさがして 此処まで来た
手紙岩佐美咲 死んでもあなたと 暮らしていた
大阪ラプソディー岩佐美咲 あの人もこの人も そぞろ歩く宵
風の盆恋歌岩佐美咲 蚊帳の中から 花を見る 咲いては
恋の奴隷岩佐美咲 あなたと逢った その日から 恋の
七尾線塩乃華織 女の願い 乗せてゆく 涙で見送る
ありふれた口づけ塩乃華織 それは生きる為 そして愛する為
青い瞳の舞妓さん川野夏美 桜の花びらが ブロンドの髪に は
荒川線川野夏美 線路の向こうに 陽炎ゆれて 猫が
満ち潮川野夏美 ドアが閉まるとき 何か言おうと
仇の風川野夏美 最後の恋と空に誓った あなたと
大阪花吹雪工藤あやの なんやかんやが ありまして きれ
エゴイスト工藤あやの Stop! これ以上 優しくするのは
女の恋ざんげ入山アキ子 命を懸けた 恋をして この身をけ
女のブルース入山アキ子 女ですもの 恋をする 女ですもの
男の風雪鏡五郎 逆(さか)ろうな さだめ受けとめ
戸田の渡し鏡五郎 日本橋から 中山道を 下ればそこ
アイヤ子守唄福田こうへい アイーヤー アー ねぶたが自慢
男の庵鳥羽一郎 春まだ遠い 如月は 北風 襟立て
港こぼれ花鳥羽一郎 港 海鳴り 北の果て 軋(きし)む
片恋川真咲よう子 この恋を 捨てに来た 涙と一緒に
遠い思い出真咲よう子 遠い記憶の 初恋は 告げられなか
ひとり酒場で…笠間つよし 小さなバッグ ひとつ堤げ 故郷(
みなかみの宿北川裕二 谷川岳から 吹く風よりも 心に沁
相馬の辰五郎北川裕二 燃える太陽 相馬の浜に 響く陣螺
瀬戸内ぐらし島津悦子 小さな幸せ 濡らさぬように 傘さ
酒は天下の廻りもの島津悦子 今日も一日 日が暮れて 町にはネ
北の旅路永井裕子 愛の終りに 旅するならば あなた
五右衛門の恋永井裕子 石川五右衛門 カックンカックン
 次の100件


ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.