レインブックの歌詞一覧

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > レインブック

レインブックの歌詞一覧
該当件数62件 その内1〜62件
|▲ 新着順人気順曲名順
- - - ◆ 曲名 - - - ◆ 歌い出し - - - ◆ ミニ情報
この道この道 この道はいつか来た道 ああ そう
荒城の月荒城の月 春高楼(こうろう)の 花の宴(えん
牧場の朝牧場の朝 ただ一面に立ちこめた 牧場の朝
どじょっこふなっこどじょっこふなっこ はるになれば しがこもとけて ど
すかんぽの咲く頃すかんぽの咲く頃 土手(どて)のすかんぽ ジャワ更
時計台の鐘時計台の鐘 時計台の鐘が鳴る 大空遠くほの
背くらべ背くらべ 柱のきずは おととしの 五月五日
森へ行きましょう森へ行きましょう 森へ行きましょう娘さん (アハハ
初恋初恋 砂山の砂に腹這(はらば)ひ 初恋
おもちゃのマーチおもちゃのマーチ やっとこやっとこ くりだした お
五木の子守歌五木の子守歌 おどま 盆ぎり盆ぎり 盆から先ゃ
十五夜お月さん十五夜お月さん 十五夜お月さん 御機嫌(ごきげん
わらべうたメドレーわらべうたメドレー ふるさと求めて花いちもんめ あ
一寸法師一寸法師 指に足りない 一寸法師 小さい体
竹田の子守唄竹田の子守唄 守もいやがる 盆から先にゃ ゆき
紅葉紅葉 秋の夕日に照る山紅葉(もみじ)
あの町この町あの町この町 あの町 この町 日が暮れる 日が
冬景色冬景色 さ霧消ゆる湊江(みなとえ)の 舟
どこかで春がどこかで春が どこかで春が 生まれてる どこか
蛍の光蛍の光 蛍の光 まどの雪 書(ふみ)よむ月
ふじの山ふじの山 あたまを雲の上に出し 四方(しほ
こきりこ節こきりこ節 こきりこの竹は 七寸五分(しちす
庭の千草庭の千草 庭の千草も むしのねも かれて
春よ来い春よ来い 春よ来い 早く来い あるきはじめ
ずいずいずっころばしずいずいずっころばし ずいずいずっころばし ごまみそ
- - - ◆ 曲名 - - - ◆ 歌い出し - - - ◆ ミニ情報
汽車汽車 今は山中 今は浜 今は鉄橋(てっ
故郷の廃家故郷の廃家 幾年(いくとせ)ふるさと 来てみ
野ばら野ばら 童(わらべ)は見たり 野なかの薔
青い眼の人形青い眼の人形 青い眼(め)をした お人形は アメ
茶摘茶摘 夏も近づく八十八夜(はちじゅう
さくらさくらさくらさくら さくら さくら 野山も里も 見わ
アメフリアメフリ アメアメ フレフレ カアサンガ
かごめかごめかごめかごめ かごめ かごめ 籠(かご)の中の鳥
叱られて叱られて 叱(しか)られて 叱られて あの子
証城寺の狸囃子証城寺の狸囃子 証(しょう) 証 証城寺(しょじょ
才女(アニー・ローリー)才女(アニー・ローリー) かきながせる 筆のあやに そめし
宵待草宵待草 待てど 暮らせど 来ぬ人を 宵待
真白き富士の根(七里ヶ浜の哀歌)真白き富士の根(七里ヶ浜の哀歌) 真白き富士の根 緑の江の島 仰(
しゃぼん玉しゃぼん玉 しゃぼん玉 とんだ 屋根まで と
七つの子七つの子 烏(からす) なぜ啼(な)くの 烏は
おとうさんへおとうさんへ 「おとうさん」て さいしょに言
あのねあのね おかあさん あのね おかあさん
おぼろ月夜 菜の花畠(ばたけ)に 入日(いりひ
浜千鳥〜ちんちん千鳥 青い月夜の 浜辺には 親を探して
ペチカ 雪のふる夜は たのしいペチカ ペ
埴生の宿 埴生(はにゅう)の宿(やど)も わ
どんぐりころころ どんぐりころころ どんぶりこ お
兎のダンス ソソラ ソラ ソラ 兎のダンス タ
みどりのそよ風 みどりのそよ風 いい日だね ちょ
故郷 兎(うさぎ)追いしかの山 小鮒(こ
旅愁 更(ふ)けゆく秋の夜 旅の空の わ
椰子の実 名も知らぬ遠き島より 流れ寄る
仰げば尊し 仰げば尊し わが師の恩 教えの庭
かもめの水兵さん かもめの水兵さん ならんだ水兵
浜辺の歌 あした浜辺を さまよえば 昔のこ
アルプス一万尺 アルプス一万尺 小槍(こやり)の
雨降りお月 雨降りお月さん 雲の蔭(かげ) お
われは海の子 我(われ)は海の子白波(しらなみ)
砂山 海は荒海 向こうは佐渡よ すずめ
赤い靴 赤い靴 はいてた 女の子 異人さ
村祭 村の鎮守(ちんじゅ)の 神様の 今
揺籃のうた 揺籃(ゆりかご)のうたを カナリ
  ▲TOP


ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.