SUMMER MERMAID MooNs 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

SUMMER MERMAID  ♪  MooNs
作詞 : 西川貴教
作曲 : Ko-Ki(flare)

I can't forget about you.
Don't leave me alone...
Wherever let you go
Please come back again.

揺らめく海を照らしてる MOONLIGHT きみの肢体を縁取ってゆく
濡れた睫毛と溜息がまるで 彼女は Little MERMAID

くびれた腰に眼差しの SPOTLIGHT ぼくのハートは盗まれた
湿った風にしずくも光る 彼女は Just like a VENUS

I'm falling in love いま早まる鼓動
喉の渇きは熱のせいさ
無言を砂で埋めたって 触れそうで触れなくて
敏感な指先

ぼくらは手を繋いで オトナのラインを越えた
時間がほんの少し 止まった感じがしたよ
世界はふたりのため 回っているみたいだね
抱きしめ合えば何も 恐くなんてなかった あの夏

愛と刹那が交差するMIDNIGHT シーツの淵を漂いながら
差し込む月の明かりを纏った 彼女はLady Butterfly

帰れる場所なんかどこにもない 寄せては返す波の様に
「サヨナラ」だけを残して消えた 彼女はSo like an ANGEL

I'm lost in your love 想い溢れる程
その涙に気づいていたよ
互いの痛み持ち寄って 言えそうで言えなくて
意気地なしの浜辺

ぼくらは手を離して 背中を向けて歩いた
あの後振り返った ことをきみはもう知らない
はにかんだ 言葉達で 本当の気持ち隠した
ふたりはまたどこかで 出逢えると信じていた あの夏

儚く散る恋の花火よ 最短距離躱す甘い罠
瞬きに心奪われて 二度と戻れない

I'm falling in love また乱れる鼓動
喉の渇きは熱のせいさ
無言を砂で埋めたって 触れそうで触れなくて
敏感な指先

ぼくらは手を繋いで オトナのラインを越えた
時間がほんの少し 止まった感じがしたよ
世界はふたりのため 回っているみたいだね
きみさえ居れば何も 恐くなんてなかった あの夏


ミニ情報
アルバム「S級パラダイス BLACK」収録曲
MooNsの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
MooNs「SUMMER MERMAID」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ