君を想う - 小林格之の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

君を想う-小林格之

君を想う

 ♪ 

小林格之

作詞 : 小林格之
作曲 : 小林格之

ガラスのような心を 強く抱きしめてくれた
触れたら壊れてしまう そんなような
電車の中から 見えた二人で 行った場所
思い出を撒き散らしていた 今頃育ったんだね
隙間風に吹かれて凍える君が いるのならば
僕が君を強く抱きしめてあげる そばにおいで

今はもうない優しさ 一番欲しいものだよ
触れたい光は僕から 掴んだら消えた
一番大切なことはどうして 一番
後回しにしてしまうんだろう 今頃想ったんだね
隙間風に吹かれて凍える君が いるのならば
僕が君を強く抱きしめてあげる そばにおいで

君への気持ちが時に強くて嫌になる
悲しみが今 呼吸を始め また僕を苦しめる
隙間風に吹かれて凍える君が いるのならば
僕が君を強く抱きしめてあげる そばにおいで
隙間風に吹かれて凍える君が いるのならば
僕が君を強く抱きしめてあげる そばにおいで

命が続く限り 電池が切れる限り
君とは一緒にいたくて どんな出会いが君を変えたの
僕は君を想う 僕は君を想う


小林格之の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
今想えば
君を想う/小林格之の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ