太陽が坂道を昇る頃 - NMB48(研究生)の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

太陽が坂道を昇る頃  ♪  NMB48(研究生)
作詞 : 秋元康
作曲 : 川島有真

太陽が坂道をゆっくりと昇る頃
僕たちはいつもすれ違っていた

野球部の朝練 面倒くさいけど
今の僕は早起きさえちょっと楽しい
紺のコートを着てる違う女子高の生徒
十字路で止まる自転車に恋をしてる

いつの日からだろう
(目と目が合った)
微笑んでくれた
(思い込みか)
おはようと言おう
(驚いちゃうかな)
明日 もし会えたら…

太陽が坂道をゆっくりと昇る頃
いつもよりも早く 坂の上まで来てしまった
この胸がときめいて急ぎすぎたみたい
振り向けば君がこっちを見ていた

先輩にバレちゃうと会わせろと言うから
君のことは誰も知らない僕の秘密
風邪をひいたかなって 少し心配をしてた
長いマフラー首に巻いてマスクしていたから

君も朝練かな
(何部なんだろう?)
バスケット部でしょ?
(なんとなくね)
話してみたいな
(勇気を出して…)
帰りも会いたいよ

太陽が坂道をゆっくりと沈む頃
僕はまだ学校で 練習が終わっていないよ
できるなら十字路で偶然会いたいけど
夕焼けには間に合いそうもない

朝だけの恋のストーリー
その先に進めないんだ
十字路を通るその度
想ってる

太陽が坂道をゆっくりと昇る頃
いつもよりも早く 坂の上まで来てしまった
この胸がときめいて急ぎすぎたみたい
振り向けば君がこっちを見ていた

坂道の君よ


NMB48(研究生)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
太陽が坂道を昇る頃/NMB48(研究生)の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ