純白のドレスを君に - Goodbye holidayの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

純白のドレスを君に  ♪  Goodbye holiday
作詞 : 児玉一真
作曲 : 児玉一真

コバルトブルーの空を見上げ
草の匂い 胸に吸い込んだ
夏が来れば一面に向日葵が咲くという

瓦屋根の家 夫婦の顔
笑うと二人はよく似ている
きっと幸せは
特別なことではなくて
今日を大切に紡ぐこと

夕陽が溶け出してゆく
君との日々が心に浮かぶ

喜びの時も 悲しみの時も
健やかなる時も 病める時も
どんな景色もすべて君と見たい

この旅の終わりまで

優しさが人を傷付けること
愛しさが心を脆く弱くすること
疑ったり許したりを繰り返して
信じることを知った

長い間 待たせてごめんね
側にいてくれてありがとう

心離れそうな 会えない夜も
君を好きでいてよかった
今 言葉にして伝えたい事がある
君を愛している。

風も 空も 海も
何もかも繋がってゆく
二人の未来に
今 光が射してゆく

喜びの時も 悲しみの時も
健やかなる時も 病める時も
決して忘れない
積み重ねた日々を
隣にいてくれたことを
ただいまと言って
おかえりと言って
帰る場所を二人で作ろう
そして またこの景色を君と見たい
しわくちゃな手を繋ぎ

この旅の終わりまで

la la la...


ミニ情報
アルバム「KNOCK」収録曲
Goodbye holidayの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
純白のドレスを君に/Goodbye holidayの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ