灰色の指輪 Goodbye holiday 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

灰色の指輪  ♪  Goodbye holiday
作詞 : 児玉一真
作曲 : 大森皓

行くあてもなく 一人きり
生まれた街を離れ辿り着いた
渡り鳥の帰る港街
湿った風が今は心地良い

あやふな優しさを
不器用なあなたを愛していた

夢の底に灰色の指輪
私たち変わってしまったと思っていたけれど
本当は何も変わっていなかった
一番星が泣いている

質素ながらも慎ましい
二人のための暮らしがあった
朝も昼も夜も
その家には踊るように光が零れた

いつまでも聴いていたかった
ほろ苦い
あなたのアコーデオン

夢の底に灰色の指輪
あの夜とその朝に
二人は知ってしまったんだ
どれだけ身体抱きしめ合っても
決してひとつにはなれないこと

夢の底に灰色の指輪
私たち変わってしまったと思っていたけれど
本当は何も変わっていなかった
一番星が煌めいている


ミニ情報
アルバム「KNOCK」収録曲
Goodbye holidayの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Goodbye holiday「灰色の指輪」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ