鸞 陰陽座 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

陰陽座
公式サイト
 ♪  陰陽座
作詞 : 瞬火
作曲 : 瞬火

あだなき 鳳(とり)が 真逆(まさか)に 落ちる
矢疵(やきず)も 病(やまい)も 無かれど
灯(とも)したことも 気付かぬ 内に
亡くした 火の名を 胸に 独(ひと)り 散る様(さま)を

飾るは 此(こ)の 羽盛(はもり)
最後の天(そら)に 泛(うか)ぶ 沙羅の 華
葬(はぶ)らる 此(こ)の 鸞(とり)を
忘れる頃に 覚(さと)れ 音が 絶えると

鼓翼(こよく)を 気取(けど)り 火燼(かじん)が 跳(おど)る
然(さ)したる 寂(さび)など 有(あ)らねど
手繰(たぐ)るも 毟(むし)るも 羽根(はね)は 盗(と)れぬ
せめて 嘯(うそ)むけ 飛ばぬ 鳳(とり)は 有り得ぬと

誑(たら)すは 其(そ)の 羽振(はぶ)り
無数の虚(そら)に 泛(うか)ぶ 邪侈(じゃし)の 腹
嬲(なぶ)らる 此(こ)の 廉(かど)を
嘲(あざけ)るものに 定(さだ)む 聲(こえ)は 聴かぬと

あれなる 天(そら)が 官製(かんせい)ならば 賊土(ぞくど)こそ 我が意
天(てん)を 蹴りて 地へと 昇れ 其(そ)れこそ
只 前に 歩むこと

飾るは 此(こ)の 羽盛(はもり)
最後の天(そら)に 泛(うか)ぶ 沙羅の 華
葬(はぶ)らるとも 穢(けが)されぬ
あぐねる内(うち)に 無価(むげ)の 命が 限りを 知り
自(おの)ずから 散ると 然(しか)れば 歌えよ


ミニ情報
アルバム「迦陵頻伽」収録曲
陰陽座の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
陰陽座「鸞」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ