熾天の隻翼 - 陰陽座の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

熾天の隻翼-陰陽座
Jword 陰陽座
公式サイト
熾天の隻翼  ♪  陰陽座
作詞 : 瞬火
作曲 : 瞬火

(罪(ざい)) 安(や)い 正義の 破落戸(ごろつき)
(罪(ざい)) 法が 色黒(いろぐろ)く 曝(さ)る

(滓(さい) 便(べん) 護(ご))
人の権(はかり) 奪(ば)わば 剥奪(はくだつ)が 当(あだて)

例え 翼 折れても
御前(おまえ)の 許(もと)に 必ず 墜(お)ちる
見え透いた 虚言(そらごと)も 省(かえり)みる 振りも 露(つゆ) 求めぬ

(罪(ざい)) 下種(げす)が 制偽(せいぎ)で 守られ
(罪(ざい)) 遺族 嬲(なぶ)りて 嗤(わら)う

(滓(さい) 便(べん) 護(ご))
有るならば 返せ 等価なる 命

例え 翼 折れても
御前の 許(もと)に 必ず 墜(お)ちる
見え透いた 虚言(そらごと)も 省(かえり)みる 振りも 露(つゆ) 求めぬ

人を裁く 是非は 要らぬ 獣なれば
己に 若(も)し 降り掛かりて
未(ま)だ 繰(く)り言(ごと)を 言えるならば

然様(そう)か 其(そ)れすら 無理か
斯(か)かる 悲嘆(ひたん)を 推し量(はか)るすら
もう 何も 望むまい 願わくは 少し 黙りおれ

例え 翼 折れても
御前の 許(もと)に 必ず 墜(お)ちる
見え透いた 虚言(そらごと)も 省(かえり)みる 振りも 地獄でやれ


ミニ情報
アルバム「迦陵頻伽」収録曲
陰陽座の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
迦陵頻伽


廿弐匹目は毒蝮
御前の瞳に羞いの砂
轆轤首
氷牙忍法帖
人魚の檻
素戔嗚
絡新婦
熾天の隻翼/陰陽座の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ