茜さす風 - KANIKAPILAの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

茜さす風-KANIKAPILA
茜さす風  ♪  KANIKAPILA
作詞 : 佐々木貢平(れるりり)
作曲 : 佐々木貢平(れるりり)

満員電車はカラカラと さまよい影が背中を撫でて
辿り着いた日常のフェンスの外から世界を眺めていた
物心つく頃には 愛はどこかにいなくなってた
家に帰ればテレビが薄暗い部屋を照らしてるだけ
ゆっくり太陽が西の空へ落ちていくように
いっそこのまま さいごのいっぽ
踏み込んでしまえたらいいんだけど
嘘つきで 弱虫で わがままで 不器用で
それでも強がって生きてきたのは
大嫌いな自分のこといつか
許してあげられるかもしれないから
誰かのためじゃなく 誰かのせいでもなく
私が今ここに生きていること
変われなくてもいい 頑張れなくてもいい
茜さす風 私も連れて行ってよ

「悲しいことがあった」と笑って話す君が怖くて
でも楽しいことばかり選んでいるのはもっと嫌いで
誰かと解り合うなんて ましてや愛することなんて
できやしないと意固地になって
すべてを傷つけてきたけど
誰かが叫んだ 「私も死にたい」と
なぜだろう 涙が止まらくなった
解らなくてもいい 愛せなくてもいい
いつか必ず笑える日が来るから

いじわるで 泣き虫で 臆病で 役立たずで
それでもここまでやってきたのは
こんな自分でも
何か生きてる理由があるのかもしれないから
誰かのためじゃなく 誰かのせいでもなく
私が今ここに生きていること
変われなくてもいい 頑張れなくてもいい
茜さす風 明日へ連れて行ってよ


KANIKAPILAの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
鏡の前のスーパースター
ノンフィクションガール
How to MIRAI 未来の教科書
トラブルメイカー
青春の答え合わせ
イッちゃえ!I LOVE YOU!
卒業白書
白い雲のように
茜さす風/KANIKAPILAの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ