魔似事/manegoto - 有村竜太朗の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

魔似事/manegoto  ♪  有村竜太朗
作詞 : 有村竜太朗
作曲 : 有村竜太朗

またねいつかで 最果てに来た 気がふれたような芝居おしまい
いつでも夜の黒い瞳が ぼんやりと君見せた
咲いて散りゆく花になれたの? 思惑通り自分騙せた?
問いに答えて◯×記入 見事に全部はずれ

陽炎めいて 君が揺れる 世界は今日は何を攫う
知る由もない 未来のせいで 目に浮かんでも また歪んでさ
欺き合って 嗤いながら ほんとはぜんぶ忘れたいのに
奇麗だねって 消えなくなって 夢に残す 夢に残す

思わせぶりな赤い糸なの どうぞこのまま絡まるままに
それとも針で この胸の穴 繕って塞いでよ

影絵みたいな 君を追っても はなやぐ声は透けてくだけで
惑わされたら 触れる事無い 時間が廻る 視界が曲がる
置き去りにした自分に聞いたら 過去形となり あなたはどなた
幻だっけ まやかしだっけ

あれ あれ 気づいたら 醒めるのが常ならば
つら つら 書きためた 言葉さえ自己摸倣
さら さら いつの日か 触れたもの 灰と舞う

陽炎めいて 君が揺れる 世界は今日は何を攫う
知る由もない 未来のせいで 目に浮かんでも また歪んでさ
欺き合って 嗤いながら ほんとはぜんぶ忘れたいのに
奇麗だねって 消えなくなって
影絵みたいな 君を追っても はなやぐ声は透けてくだけだ
惑わされたら 触れる事無い 時間が廻る 視界が曲がる
離れ難くも記憶は脆く 鮮やかな色 失うばかり
まちがいだって まねごとだって
夢に映る 夢に映る 夢に映る 夢を閉じる

またねいつかの 最果てでまた 気がふれたような芝居再演
救われたいと 見とれてたけど 滲んじゃって 泣き笑い


ミニ情報
アルバム「デも/demo」収録曲
有村竜太朗の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
魔似事/manegoto/有村竜太朗の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ