あしたの子守唄 夏川りみ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

夏川りみ
公式サイト
あしたの子守唄  ♪  夏川りみ
作詞 : 宮沢和史
作曲 : 宮沢和史

野良犬でさえ頭(こうべ)を垂れて 今宵の月に気づいていない
旅立つ者はなぜか笑顔で 残された身は涙に咽(むせ)ぶ

だけど信じてる 泣くだけ泣いたら
きっと笑顔を いつか笑顔を 思い出すはず

昨日よりも今日 今日よりも明日
明日がだめなら 春を待って
命の限り咲き誇りたい

明日よりも明後日 春がだめなら 夏に抱かれ
海よ空よ このささやかな
願い叶いますように

風がやむまで眠りにつこう 明日(あした)が遥か遠く見えても
思い出たちはなぜかきれいで 残された身は土にまみれる

だけど信じてる 私のこの歌が
きっとあなたに そっとあなたに 届くはずだと

昨日よりも今日 今日よりも明日
明日がだめなら 春を待って
命の限り咲き誇りたい

明日よりも明後日 秋がだめなら 冬を耐えて
雲よ雨よ この鮮やかな
ふるさとに実りよあれ

昨日よりも今日 今日よりも明日
明日がだめなら 春を待って
命の限り咲き誇りたい

明日よりも明後日 春がだめなら 夏に抱かれ
海よ空よ このささやかな
願い叶いますように


夏川りみの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
夏川りみ「あしたの子守唄」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ