君は僕のRainbow BURNOUT SYNDROMES 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

君は僕のRainbow  ♪  BURNOUT SYNDROMES
作詞 : 熊谷和海
作曲 : 熊谷和海

夏のスタートを告げるテスト明けの青空
先刻の夕立 車窓に未だ残ってた
鈍行列車に揺られ 眠る君を肩で支えて
動けず 虹を見ている

電車の赤 風立つ向日葵
割り勘したライムソーダのグリーン
徹夜明けの海のブルーも全部 夢じゃない

君は僕のRainbow 明日へ架かる橋
土砂降りの人生に射した光
降りる駅を過ぎ 見知らぬ街を抜け
何処までも行こう 間違いも全部 夏の所為にして

「どんな夏にしたい?何が楽しい?」
白々しく問う白いカレンダー
今 埋まっていく 目を背けてきた日々の空虚さが
君と紡ぐ七色で

水色のシュシュ 朱に染まる湖畔
半分こしたイヤホンのピンク
軒先 紫陽花のパープルも全部 鮮やかに

君は僕のRainbow 日々照らすプリズム
空っぽの銀幕に差した光
降りる駅を過ぎ 見知らぬ街を抜け
何処までも行こう 間違いも全部 夏の所為にして

君も夢で虹を見ていますか?
僕も君の空を 心を彩れていますか?
どんな雨風にもその笑顔は曇らせやしない
木漏れ日のような肩の温もりに 誓うよ

君は僕のRainbow 長いトンネル抜け
終点へ向け速度を増す列車
不意に射す光 君は薄目を開け
含羞んだ声で眩しそうに言った
「おはよう」

君は僕のRainbow 明日へ架かる橋
土砂降りの人生に射した光
降りる駅を過ぎ 見知らぬ街を抜け
何処までも行こう 間違いも全部 夏の所為にして

僕のRainbow
僕のRainbow


ミニ情報
アルバム「檸檬」収録曲
BURNOUT SYNDROMESの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
BURNOUT SYNDROMES「君は僕のRainbow」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ