北の海峡 坂本冬美 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

坂本冬美
公式サイト
北の海峡  ♪  坂本冬美
作詞 : たかたかし
作曲 : 岡千秋

北へ行く船に乗る 港桟橋は
寒さこらえる 人ばかり
あなたから 出来るだけ
遠くと決めた 旅なのに
いたい いたい 血がにじむ
夜の海峡
あゝせつない わかれ雪

海鳴りが窓ゆする さびれ港宿
屋根が歯ぎしり 夜泣きする
酔うほどに さみしさが
氷柱(つらら)になって 恋しがる
つらい つらい やるせない
爪のさきまで
あゝ泣いてる 未練です

海峡に雪が舞う ここは港町
鉛色した 空と海
捨てきれぬ 恋だけど
死ぬ気になれば 生きられる
風よ 波よ ぶたないで
北の海峡
あゝせつない わかれ旅


ミニ情報
アルバム「ENKA 〜情歌〜」収録曲
坂本冬美「北の海峡」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
坂本冬美の人気曲 この歌手の人気曲一覧

冬蛍♪吹雪の向こうの 赤ちょうちん
陽は昇る♪北風(かぜ)に吹かれて
アジアの海賊♪追い風吹けば波に乗れ
こころが♪私の泣き声さえ きっと知らないでしょう
愛の詩♪花は愛され 花になる 人も愛され
津軽海峡・冬景色♪上野発の夜行列車 おりた時から
播磨の渡り鳥♪播磨灘(はりまんだ)から
祝い酒♪浮世荒波 ヨイショと越える
雪国 〜駒子 その愛〜♪トンネル抜けたら そこは雪国
紀ノ川♪次の世の 我が子の幸(さち)を

坂本冬美の新曲 この歌手の新曲一覧

百夜行♪この世のむこうの そのむこう
恋花♪花は誰の為に ひとりで咲くの
石狩挽歌♪海猫(ごめ)が鳴くから
大阪しぐれ♪ひとりで 生きてくなんて
津軽海峡・冬景色♪上野発の夜行列車 おりた時から
舟唄♪お酒はぬるめの 燗がいい
千曲川♪水の流れに 花びらを そっと浮かべて
越冬つばめ♪娘盛りを 無駄にするなと
人生いろいろ♪死んでしまおうなんて
愛燦燦♪雨 潸潸(さんさん)と この身に落ちて

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ