恋煩い MAY'S 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

恋煩い  ♪  MAY'S
作詞 : 片桐舞子
作曲 : 河井純一

ひとり鍵を開けて あなたを待つのも慣れたものね
安いアルコールで 乾いた唇 潤してる

恋煩いに呆れながら 夢見る少女になった私
夜の帳がふたりを隠すから 怖くない

街の灯りたちに 帰ってゆく人 帰らない人
きっとあなたを待つ灯りは 夜通し灯ってるのね

鏡に映るふたりはもう 涙が無意味なことと知って
ほんの小さな幸せを探しては 抱きよせた

「いつか旅に出よう、僕らも知らない遠くの街へ」
「そうね、窓の外に海が見える部屋があればいいわ」

恋煩いに呆れながら 夢見る少女になった私
夜の帳がふたりを隠すから 怖くない

鏡に映るふたりはもう 涙が無意味なことと知って
ほんの小さな幸せを探しては 抱きよせた


ミニ情報
アルバム「抱きしめてShining」収録曲
MAY'Sの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
MAY'S「恋煩い」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ