孤独な青空 - 乃木坂46の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

乃木坂46
公式サイト
孤独な青空  ♪  乃木坂46
作詞 : 秋元康
作曲 : aokado

仲のいい友達を
指を折ってそっと数えてみた
親友と呼べる者を
自信持って言えないのはなぜだろう

それなりに連れ立って遊ぶ仲間はいる
お互いに必要な時だけ
声を掛け合ってるんだ

僕たちは寂しがりなのか
肩を寄せ合ってるのか
澄み渡る青空が責めるようだ
同じ時代を生きてる
空気に流されてるのか
誰一人 気にしないのか
影を作って黙り込むのか

打ち明ける秘密もなく
思い悩む憂鬱もないのはなぜだろう

もどかしく語り合うような夜明けが欲しい
生き方がぶつからないように
距離を置いてしまっている

僕たちは弱い生きものか
傷を舐めあってるのか
吹き抜けてく風さえも避けるようだ
共に歩いているのに
心は通わせないのか
立ち止まって声掛けようか
木々も一瞬 騒(ざわ)めくだけか

金木犀は何も答えない
青春はいつだって虚しい

僕たちは寂しがりなのか
肩を寄せ合ってるのか
澄み渡る青空が責めるようだ
同じ時代を生きてる
空気に流されてるのか
誰一人 気にしないのか
影を作って黙り込むのか


ミニ情報
アルバム「生まれてから初めて見た夢」収録曲
乃木坂46の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
孤独な青空/乃木坂46の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ