永遠の詩 THE HOOPERS 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

THE HOOPERS
公式サイト
永遠の詩  ♪  THE HOOPERS
作詞 : TAMATE BOX
作曲 : TAMATE BOX

無神経な程に青空 真昼に光った月が
ジワリと滲んでは こすった目で かけがえのない愛ちゃんと見つめてた
ありがとうも ごめんも言えず 自己矛盾に苛まれては
泣いたり笑ったり 繰り返して 孤独のゆりかごで 揺られていた

君と誓い合った約束はそっと
2人の孤独を 包み込んで溶かしていった

限りある命と命が交わる世界(ばしょ)
そこで僕ら笑っていたんだ
君の眼が言葉がいつでも蘇るよ
ずっと聞こえてるあの詩は
永遠だって信じられるような
愛の詩

見慣れたいつもの青空 騒めくいつもの街並み
いつもの場所いつものその時間 見慣れない番号 響く着信音
その日は突然 訪れた サヨナラも出来ない速さで
ぐちゃぐちゃになった涙と未来(あした) 君のいない 今に呼吸をする

あの日 誓い合った 約束がずっと
小指と想いを握りしめて 離さないまま

果てしない歴史の中では一瞬でも
永遠の詩 残っていくんだ
君の手も仕草も 全てを愛してたよ
ずっと忘れない あの日々と
夢中になって2人で紡いだ
愛の詩

君を失って気づいた事も 全部書き足して
嘘じゃない願いを 嘘じゃない祈りを
今 ここから歌うよ

限りある命と命が交わる世界(ばしょ)
そこで僕ら笑っていたんだ
君のいない世界も笑って生きていくよ
やっと書き終えた この詩は
いつか誓った 2人の永遠と
愛の詩


ミニ情報
アルバム「FANTASIA」収録曲
THE HOOPERSの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
THE HOOPERS「永遠の詩」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ