卒業の日のカフェ はやぶさ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

卒業の日のカフェ  ♪  はやぶさ
作詞 : 旦野いづみ
作曲 : 桧原さとし

アルバムを開いて思い出確かめあった
夕暮れ間近の席で
窓から見える桜の木が
優しげに芽吹いていました
卒業の日のカフェで
きみはいくつおとなになったのでしょう
淡く色づいたそのくちびるが
僕にはまぶし過ぎて
恋をなくしたことにさえ気づかなかった…
ひとつの季節が終わったあの日

手編みのマフラーふたりでくるまりながら
小さなキスを交わした
そんな幼い戯れさえ
今はただせつないだけです
卒業の日のカフェで
きみはいくつおとなになったのでしょう
咲く時を知った野の花のように
背筋をふいに伸ばし
言葉持たないこの僕に微笑みかけた…
ひとつの季節が終わったあの日

卒業の日のカフェで
きみはいくつおとなになったのでしょう
淡く色づいたそのくちびるが
僕にはまぶし過ぎて
恋をなくしたことにさえ気づかなかった…
ひとつの季節が終わったあの日


はやぶさの新着歌詞を見る⇒
はやぶさの人気歌詞を見る⇒
はやぶさ「卒業の日のカフェ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ