雪恋 山本彩 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

山本彩
公式サイト
雪恋  ♪  山本彩
作詞 : 山本彩
作曲 : 山本彩

何となくわかってたんだ
この場所にずっとはいられないこと
ため息で見上げた空 ひとひらの雪 冬の匂いがした

街は賑やかにきらめく
僕は記憶の中の君の笑顔探した

誰より君のこと わかったつもりで
当たり前にそばに居ると思っていた
僕の胸に刺さった矢は抜けないまま
痛み残し 冷めぬ熱を感じている 今でも

ずっと忘れられないんだ
君の声 繋いだ手の温もりも
睫毛に積もる結晶 涙すら流すこともできない

いつもと同じ帰り道
二人並ぶはずだった 足跡はひとつだけ

誰より君のこと ただ愛しかった
当たり前に同じ気持ちと思っていた
埋められない孤独は 行き場を無くして
ただひたすら 僕の心蝕んでいく 静かに

降り積もる想いは この雪に紛れ
やがて溶けて いっそすべて消えればいい
いつか いつの日か 歩き出せるかな
消えてくれない 君の熱を僕の胸に 残して


ミニ情報
アルバム「Rainbow」収録曲
山本彩の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
山本彩「雪恋」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ