秋エモい キュウソネコカミ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

キュウソネコカミ
公式サイト
秋エモい  ♪  キュウソネコカミ
作詞 : ヤマサキセイヤ
作曲 : キュウソネコカミ

結局今年は海に行くことなく 特には話せる事も無く
夕暮れ涼しくなって 日ごとに短くなって
終わりの始まりを感じてるんだ

秋の月揺れるすすき 乾いた空気に映える光
オータムオータム 僕にかまってよ
帰り道 行き交う街 鈴虫の声だけ聞こえてくる
オータムオータム 僕にかまってよ

理解の無い上司 いつでも辞めてやる 休みの日の趣味で取り返す
完全な大人になって それぞれの明暗ついてきて
選択肢は徐々に減っていくんだ

秋の月揺れるすすき 乾いた空気に映える光
オータムオータム 僕にかまってよ
意味も無く一人遊び やわらかなポッカリ感に浸り
オータムオータム 僕にかまってよ

心の季節は止まったまま 年々無くなる爽やかさ
今更リズムは変えられず 誰か合わせてくれよ

いとあはれ 意味はおそらく クソエモい

秋エモい揺れるすすき 乾いた空気に映える光
オータムオータム 僕にかまってよ
さよならも言わないで 散ってく紅葉に手を伸ばして
オータムオータム 僕にかまってよ

諦めつかない あれもこれも全部
冬が来る前に終わらせたいのに
諦めつかない あれもこれも全部
誰かのものになってしまう前に


キュウソネコカミの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
キュウソネコカミ「秋エモい」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ