冬蛍 すぎもとまさと 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

すぎもとまさと
公式サイト
冬蛍  ♪  すぎもとまさと
作詞 : 吉田旺
作曲 : 杉本眞人

吹雪の向こうの 赤ちょうちん
さすらう心に ふと沁みて
暖簾をくぐれば 振り返る
女の笑顔の 暖かさ

しばれて来たわね お客さん
ストーブ真近に 来てという
熱燗頼めば 兄さんに
似てると真顔で 俺を見る
蛍 蛍 誰を待つのやら

針音まじりの 番外地
兄貴の 十八番の歌だとか
ホッケに湯豆腐 氷頭(ひず)なます
私のおごりと はしゃぎ酒

表は真っ白 雪嵐
朝まで飲んでも いいと言う
男の心の 流氷を
じんわり溶かして 夜は更ける
蛍 蛍 ぽつり雪ん中
蛍 蛍 誰を待つのやら


ミニ情報
アルバム「Route 67」収録曲
すぎもとまさと「冬蛍」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
すぎもとまさとの人気曲 この歌手の人気曲一覧

吾亦紅♪マッチを擦れば おろしが吹いて
冬隣♪あなたの真似して お湯割りの
ありふれた人生だけど♪近頃めっきり 酒も弱くなり
別れの日に♪振り向けば はるかな道を
花のように鳥のように♪そこにあるから 追いかけて
ちょい悪 Vintage Boys♪派手なスカーフ 揃いで巻いて
銀座のトンビ♪あと何年 俺は生き残れる
Route 67♪Route sixty seven Star
新宿はぐれ鳥♪別れ話の いきさつは ささくれ畳に
この世で一本のバラ♪あたしの誕生日は 真冬だから

すぎもとまさとの新曲 この歌手の新曲一覧

Route 67♪Route sixty seven Star
空に刺さった三日月♪馬鹿みたいだよね 涙みせるのは
別れの日に♪振り向けば はるかな道を
この世で一本のバラ♪あたしの誕生日は 真冬だから
砂漠の子守唄♪ビルの谷間の 三日月に
新宿はぐれ鳥♪別れ話の いきさつは ささくれ畳に
冬蛍♪吹雪の向こうの 赤ちょうちん
あんな男なんて♪つらい気持ちは 同じだよ
東京とまり木♪軽口たたいて 笑って泣いて
酒場のレクイエム♪昔行ったことが あるような

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ