永遠の手前 ハルカトミユキ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ハルカトミユキ
公式サイト
永遠の手前  ♪  ハルカトミユキ
作詞 : ハルカ
作曲 : ハルカ

どこにも続かない
扉をいくつくぐってきた?
入った場所からは
出なければと思い続けて

永遠の手前の
Y字路でいつも立ち止まる
世界でここだけが
動いていないようだった

リレーのバトンを渡せないまま
いつの間にみんないなくなり
終わりの合図は突然響く
声は掻き消された

ただ一度輝いてみせた夢は
目の前で消えてった
幸せは泣きたいほどに怖くて
今くらいが丁度いい

お別れが言えずに
夜をひらひらとさまよった
ちぎれそうな思いも
小さな腕に抱きしめて

どこまで行っても終わらない道を
泣きそうなままで歩いている
生きてゆくことの約束をした
それだけを守るために

さよならと言えば優しく手を振る
君だけに雨が降る
今ならばちゃんと言えることがある
君だけに雨は降る

ただ一度輝いてみせた夢は
目の前で消えてった
幸せは泣きたいほどに怖くて
今くらいが丁度いい


ミニ情報
アルバム「LOVELESS/ARTLESS」収録曲
ハルカトミユキの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ハルカトミユキ「永遠の手前」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ