JUST kazumaku7 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

JUST  ♪  kazumaku7
作詞 : 倉沢和磨
作曲 : 倉沢和磨

朝日が君の頬を照らす
眩しすぎて瞼を閉じたままで
白すぎる視界にうつった
左にある空白を思い知らされる

どうして「僕」は
居なくなってしまったのだろう
問いかけても
答えは見えないままで

ずっと探していた
幸せの意味を
はき違えて
君はここに立っている
やり直せるなら
そんな絵空事
笑顔はもう
消え去ってしまっているのに

夕日に映す、幼き頃
守られてることが
当たり前だったあの日

もう誰も味方になってはくれないとしても
走り続ける
後悔はないさ!!

夜の隙間に
差し込んだ光
恨み続けるよりはマシだろ
やり直すから
どんな景色だって
選択肢はまだ
ここにある、すべて。


iTunes
kazumaku7「JUST」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
kazumaku7の人気曲 この歌手の人気曲一覧

-sky-♪例えばもし この世界から
②JUST♪朝日が君の頬を照らす

kazumaku7の新曲 この歌手の新曲一覧

JUST♪朝日が君の頬を照らす
-sky-♪例えばもし この世界から

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ