僕だけの光 乃木坂46 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

乃木坂46
公式サイト
僕だけの光  ♪  乃木坂46
作詞 : 秋元康
作曲 : Hiro Hoashi

太陽 眺める度
羨ましくなるんだ
どんな時も眩しく
輝き続けること

僕には背丈ほどの
影しか作れなくて
この世界には何も
貢献できていない

なぜに自分は存在するのか?
生きることで答えを見つけられるか?

僕だけの光 手に入れたい
そう他の誰も持っていない
心が(Hey!) 放つもの(Hey!)
未来照らすのは自分自身

今から どうればいい?
光り方を教えて
どんな魔法 使うのか?
近道 探していた

どこにもそんなものは
ないこと気づかされた
一つだけ方法は
自分を磨くことだ

汗をかいて何度も拭って
いつの間にか 何かがそっと輝く

君だけの光 きっとあるよ
忘れてる場所を思い出して
力が(Hey!) 眠ってる(Hey!)
いつだって夢は眩しいだろう

Oh Oh Oh…

僕だけの光 手に入れたい
そう他の誰も持っていない
心が 放つもの
未来照らすのは自分自身

君だけの光 きっとあるよ
忘れてる場所を思い出して
力が(Hey!) 眠ってる(Hey!)
いつだって夢は眩しいだろう

太陽が(Hey!)
霞むくらい(Hey!)
輝いてみせる内面から
今 やっと光 手に入れたよ


ミニ情報
「第36回全国高等学校クイズ選手権」応援ソング
アルバム「生まれてから初めて見た夢」収録曲
乃木坂46「僕だけの光」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
乃木坂46の人気曲 この歌手の人気曲一覧

きっかけ♪交差点の途中で 不安になる
立ち直り中♪永福町駅から道路渡って
君は僕と会わない方がよかったのかな♪君は僕と会わない方がよかったのかな
嫉妬の権利♪日向の楕円の外には出ないように
裸足でSummer♪いつもの夏と違うんだ
その女♪「その女(ひと)は、まるで夏の夕立のように、突然、喋り始めました」
サヨナラの意味♪電車が近づく 気配が好きなんだ
ボーダー♪誰かのその腕に しがみつき立ち上がるよりも
今、話したい誰かがいる♪一人でいるのが 一番楽だった
釣り堀♪電車がゴトゴト走る 線路近くの鄙(ひな)びた釣り堀

乃木坂46の新曲 この歌手の新曲一覧

自分のこと♪自分のことが好きじゃなかった
自惚れビーチ♪カモーン カモーン カモーン
その女♪「その女(ひと)は、まるで夏の夕立のように、突然、喋り始めました」
誰よりそばにいたい♪抱きしめられるだけで
まあいいか?♪あなたはいつも言ってたよね?
失恋お掃除人♪サササのサ… 1人カラオケは
My rule♪雨がどんなに降ったって
僕の衝動♪WOW WOW WOW… 僕はふいに気づいた
いつかできるから今日できる♪朝の靄(もや)に差し込んだ陽の光
不眠症♪明け方近く 寝返り打ちながら

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ