Autumn's End - カーネーションの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Autumn's End  ♪  カーネーション
作詞 : 直枝政広・大谷能生
作曲 : 直枝政広

そのつむじと時計は右回り
トンボ眼鏡で歩けば昼が夜
ツバメシジミとたわむれて生きた
愛はさかむけ ささくれた指噛んで

ダンシング・ハクビシン ダンシング・ハクビシン
ダンシング・ハクビシン

祈りの言葉を忘れ、
儀式の手順も分からず、
火を焚くための場所も知らないまま、森に迷い込んだ。
あたたかくぼくの両頬を濡らす、
猫の毛のような雨。
焦げたイヤフォンを眺め、
二度目の秋の終わりに、
鳥が石を通過して羽ばたく音が聞こえる。

すっかりくたびれた中古のソウルの切れはしを燃やし、
灰皿の上の朝の光を掌に包んで、歩いてゆく。
空港で膝を突きうずくまった人たちから貰った、
最後の煙草の火が、消えるよ。もう、消えるよ。

森を横切るバスは
だれを だれを乗せて行くの?
乾いたキャタピラその泥に触れ
日に焼けた男を想像してた
長い尻尾のきみはだれなの?

トゥルルル…
ユー・ハクビシン・ユー
トゥルルル…
ユー・ハクビシン・ユー

川に沿ってきみはやってきたのかい?
天井の木目がこの宇宙のすべてなのに Ah

昼寝の汗で自意識を空焚きし、
ユニットバスで溶けてゆく魚に手を伸ばす。
耳の穴に住む虎が吠える。
朝晩、ぼくの屋根の上を歩いてゆくのは誰か?
増え続けるモニターのすべてをチェックして、
突然、何もかも分かった気になって、
それはあながち間違いじゃなくて。
それはあながち間違いじゃなくて。

深い淵で泳ぐ夢を見たよ
宅地造成中サバービア即席のプレイ・グラウンド

ダンシング・ハクビシン ダンシング・ハクビシン
恋をしようよ 恋をしようよ

空港で膝を突きうずくまった人たちから貰った、
最後の煙草の火が、消えるよ。もう、消えるよ。
わたす相手の見つからなかった火が消えるよ。もう、消えるよ。
それはあながち間違いじゃなくて。
それはあながち間違いじゃなくて。
それはあながち間違いじゃなくて。

乾いたキャタピラその泥に触れ
日に焼けた男を想像してた
長い尻尾のきみはだれなの?


ミニ情報
アルバム「Multimodal Sentiment」収録曲
カーネーションの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Autumn's End/カーネーションの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ