0-未来- 南條愛乃 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

南條愛乃
公式サイト
0-未来-  ♪  南條愛乃
作詞 : 川田まみ
作曲 : 増谷賢

盛夏を彩る樹々は冬も忘れてる
青葉を揺らせば この夏限りのダンス

焼けたアスファルト喉からして駆け抜けた
君を追いかけた そんな日が恋しくなって

何かに躊躇わず生きる 多分簡単じゃないけれど
空っぽになるまで焦がれていたい!

0(ゼロ)という未来をこの手に掴むよ
大切な“今”をいつも感じたいから

さあ、焦がせ太陽 痛いほど焼き付けて
蒸せる草の香りも 高く澄んだ空も全部

些細な事とか立ち止まれず行き過ぎて
見過ごす術だけうまくなった気がしてる

季節を受け入れたような顔で佇んで
木の下で私 肩を強く抱きしめた

両手に溢れた想いや まだ色褪せない夢も
心のアルバムにちゃんとしまおう

0(ゼロ)という未来を道に刻むんだ
明日を迎える、は“今”を残すことさ

ねえ、この背中に翼なんてないから
一歩ずつ踏み出してる 奇跡も運命も全部

さよならじゃなくて永遠のリング
時代が巡るように きっと出会える

0(ゼロ)という未来でまた走り出そう
大切な“今”を今日も始めようよ

さあ、焦がせ太陽 痛いほど焼き付けて
蒸せる草の香りも 高く澄んだ空も全部

奇跡も運命も全部


ミニ情報
アルバム「Nのハコ」収録曲
南條愛乃の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
南條愛乃「0-未来-」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ