笑火 ななみ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ななみ
公式サイト
笑火  ♪  ななみ
作詞 : ななみ
作曲 : ななみ

愛してると君は言った
最後までも嘘をついた
嫌わせてはくれぬ卑怯さに
惹かれたあの夏を悔やんだ

その笑顔は夜空よりも
消えていった花火よりも
油断してた私の心に
大きな音をたてて咲いた

握っても握り返されない手のひら
永遠がないと分かって
それでも黙って夏の夢を見てた

恋しくて儚い恋 切なくて壊れそうで
昨日までは追いついた背中 あの夏より遠くなる

「気付いていた」視線の意味
「分かっていた」こうなること
ごまかしてた時間が眩しくて
私は下を向き続けた

結んだはずの赤い糸 気付けば解けてく
記憶の二人を手繰って
もう一度結んでも二度と戻れない

愛しくて哀れな恋 淋しくて崩れそうで
煌めいてる夢のような日々は 私だけを取り残す

咲いた笑火 揺れる瞳 溶けた想い 夏が止まる

恋しくて儚い恋 切なくて壊れそうで
昨日までは追いついた背中 滲んでゆく..

愛しくて哀れな恋 淋しくて崩れそうで
サヨナラと解き放つ笑火 私だけを取り残す

君がいた夏が終わる


ミニ情報
アルバム「Light in the Darkness」収録曲
ななみの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ななみ「笑火」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ