すなお - Uruの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

すなお  ♪  Uru
作詞 : Uru
作曲 : Uru

茜色に染まった この街は余計に綺麗で
心の中にしまってた 弱虫が動き出しそうだよ

足を止めず歩く この道はやたらと長くて
心に決めたあの思いさえも 消えてしまいそうで怖くなるよ

おぼろげな顔が映りこんだ 何一つ見えて来ないけれど
“悪いことばかりではなかった”と それくらいで十分だよね

明日私が泣いていたとしたら 「そんな日もあるよ」と今ここで言っておこう
浮かび上がってはまた薄れていく そんな儚いものだったとしても

躓いて転んだ その拍子に声をあげて泣いた
我慢する事なんて 昔から得意だったはずなのに

放り投げた強気な言葉たちが この姿に舞い戻ってきて
痛いくらいにこだましている もう一度私を奮い立たせるよ

明日私が今日誓った事を 簡単に破ってしまった時は
何でダメなんだろう どうしてできないんだろうって
自分を責めるんだろうな でもまた同じ事を誓うんだろうな
それが私なんだろうな

すなおに泣いて すなおに笑って
すなおにはしゃいで すなおに羨んで
すなおに怒って すなおに挫けて
そうやって 思うまま感じるまま

明日私が笑っていたとしたら
「嬉しいね」「良かったね」って今ここで言っておこう
泣いて笑って 笑って泣いてまた笑って
それくらいでちょうどいいや


Uruの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
すなお/Uruの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ