星降る夜の通り雨 CoverGirls 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

CoverGirls
公式サイト
星降る夜の通り雨  ♪  CoverGirls
作詞 : 高田亮太
作曲 : J.K≒3.0[oyoso3]

あの日の君に会って 僕から想いを告げるよ
どこにも君はいない 僕に僕に“明日”を見させてよ

机に伏せた世界 ノートに雨が降っていた
どこにも行けない僕を 連れ出してくれたのは君の声だった

ただ一人側にきてくれて ただ君だけ目を合わせて話してくれた
はじめてだった いつの間にか 僕は恋に落ちていた

雨が僕に降って 星が降る夜空は君を輝かせた
はじめからそう二人は 別々の世界で生きている気がしてた
不安なままで雨宿りしていた 僕の隣で
君は笑ったんだ

二人に注いだ雨の音 ひとつの傘が近づけた
肩が触れ合うたびに 視線歩幅今を 君と合わせてた

朝がはじめて来てほしくて いつも君に会える放課後に
胸が躍った 君の手紙を読みかえしてる 夜でも愛しくて

僕は君といれば 星が降る夜空と一緒にいれるから
もしかしてきっと二人は 同じような未来で生きている気がしてた
君とつないだ手のぬくもりのまま 僕の世界の
雨はあがったんだ

急に黒い雲がたれ込める 君の着信音 違う声 一人うずくまった
どうしてどうしてこの世界から君の未来を奪ったの? 冷たくなったの?

心配したかった 疑って嫉妬してケンカもしたかった
怒られて謝って いつまでも名前を呼び合いたかったよ

君を忘れさせてよ この夜空に一人きり君は輝いてる
はじめからきっと二人は 別々の明日を生きてればよかった
でも一つだけ伝えていなかった 君は笑うかな?
大好きだったんだ


CoverGirlsの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
CoverGirls「星降る夜の通り雨」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ