望郷 - 吉幾三の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

望郷-吉幾三
Jword 吉幾三
公式サイト
望郷  ♪  吉幾三
作詞 : 吉幾三
作曲 : 吉幾三

北の雪降る町が やけに恋しくて
老いてく母さんひとり 不憫に思えて
故郷川(ふるさとがわ)も 冬を迎えて
凍(しば)れてきたでしょうね
望郷 そして都会(まち)の酒
そのうち…帰る

夢を話したあの日 オヤジがむかしの
波止場で苦労話を 聞かせてくれたね
真冬の海よ 群れる鴎よ
あの日に戻しておくれよ
望郷 そして男酒
そのうち…帰る

旅と酒と思い出 男はいつでも
荷物と思いながら 故郷(ふるさと)夢みる
北の大地よ お前のような
心を抱(いだ)いているのさ
望郷 母へ詫びる酒
そのうち…帰る

北の大地よ お前のような
心を抱(いだ)いているのさ
望郷 オヤジ眠る町
そのうち…帰る


吉幾三の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ららばい
景色の唄
知床半島
風は吹く
旅愁
ブルーライト・ヨコハマ
逢わずに愛して
野風増
さよならはダンスの後に
初恋
望郷/吉幾三の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ