Knock Knock - etsucoの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Knock Knock-etsuco
Knock Knock  ♪  etsuco
作詞 : etsuco
作曲 : etsuco・アサイリョウタ

夢中で歩いた
髪をかきあげて
高いヒールは大嫌いなのに

痛い足を引きずってるより
裸足の方がずっと平気で
伸ばし続けた自慢の髪も
切ってしまえば

Knock Knock
ドアを
Knock Knock
叩いて
Knock Knock
見た事のない別の世界へ
怖くはないわ
振り返る暇なんてない女は
Knock Knock
いつも
Knock Knock
強くて
Knock Knock
いつも
NO NO
弱いものなの
だけど涙はもう流さない
それが私だから

夢中で走った
髪を切り捨てて
高いプライド全部置いてきた

都会のビルはずっと高くて
街の灯りはずっと熱くて
暗くて何もないこの場所から
何か変えたくて

Knock Knock
ドアを
Knock Knock
叩いて
Knock Knock
見た事のない別の世界へ
怖くはないわ
振り返る暇なんてない女は
Knock Knock
いつも
Knock Knock
強くて
Knock Knock
いつも
NO NO
弱いものなの
だけど涙はもう流さない
それが私

時に冷たい風が吹いても
止みそうにない雨が降っても
強く自分の足で
そう
立っていよう
強い風もいつか穏やかに
雨もいつか止んで晴れ渡る

Knock Knock
ドアを
Knock Knock
叩いて
別の世界へ

Knock Knock
ドアを
Knock Knock
叩いて
Knock Knock
見た事のない別の世界へ
怖くはないわ
振り返る暇なんてない女は
Knock Knock
いつも
Knock Knock
強くて
Knock Knock
いつも
NO NO
弱いものなの
だけど涙はもう流さない
それが私だから


ミニ情報
アルバム「glass」収録曲
etsucoの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Step on
LaEspada
そらカラ
tears
lovesick
YELL
ONE LOVE 〜29歳のクリスマス〜
glass
太陽
Honey Trap
Knock Knock/etsucoの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ