いまはむかし - わーすたの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

いまはむかし-わーすた
いまはむかし  ♪  わーすた
作詞 : 鈴木まなか
作曲 : 鈴木まなか・宇佐美宏

おじいちゃんは物静か
いちばん端っこのイスに腰掛けて
とても嬉しそう しわくちゃな目で
遊んでる僕を いつも眺めてました

一番大好物 毎日のように
ざる蕎麦ばっか食べてた
少し不思議でした ぼくは聞いてみました
「そんなに食べてて 飽きないの?」
おじいちゃんは言いました
「心から好きなものなら
毎日食べても 飽きないよ」

おじいちゃんは 5時起きで
6時のラジオ体操で体暖めて
曾孫の顔が見たいからと
毎日張り切って運動してました

一番大好物 美味しそうにして
ざる蕎麦今日も食べてた
ともだちとケンカして
その日八つ当たりした
そしたら優しく微笑んだ
おじいちゃんは言いました
いつも通りの表情で、
「想いは言わなきゃ伝わらない」

おじいちゃんは ある日から
たくさんお薬を飲むようになって
幼い僕はその理由が何なのか
あんまりわかりませんでした

一番大好物 美味しそうにして
ざる蕎麦今日も食べてた
おじいちゃんは言いました
またしわくちゃな目で
ぼくに微笑み 教えた
生きる事の美しさを 人生の儚さを、ただ
ぼくに微笑み 教えた

それから少したった頃
みるみると おじいちゃんの長かった足は
14才になる僕より 細くなって
一人じゃ歩けなくなりました

一番大好物 いつも食べてた
ざる蕎麦今日は食べずに
ずっと嫌がっていた病院に入院して
おじいちゃんはそっとつぶやいた
「本当に幸せ者だ」
「ありがとう、ありがとう」って
僕に優しく微笑んだ

よく晴れた昼下がり
おじいちゃんに 白い羽が生えて
お空にはばたいて行きました
おじいちゃんは黙ったままで
だけど優しく微笑んで
ぼくの止まらない泪を優しく拭いとるように
窓から 風が吹き込んだ

もう一度会えるのなら、ごめんねを言って
ざる蕎麦一緒に食べよう
伝えられなかった
「ありがとう、ありがとう」
ぼくは お空を見上げた
生きる事の美しさに 人生の儚さに、ただ
ぼくは その時気付いた

いまはむかし 時は経ち
だんだんしわくちゃな目になってきたよ
そんなぼくは 愛する人に
「ありがとう、ありがとう」
そう伝えています


ミニ情報
アルバム「The World Standard」収録曲
わーすたの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2
約束だから
Just be yourself
ゆうめいに、にゃりたい。
グーチョキパンツの正義さん
うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ
Doki Doki♡today
ワンダフル・ワールド
好きな人とか居ますか
Zili Zili Love
いまはむかし/わーすたの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ