キンモクセイ 間慎太郎 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

キンモクセイ  ♪  間慎太郎
作詞 : 間慎太郎
作曲 : 間慎太郎

ふるさとのキミのことを想い出す時があるのさ
秋の風がキンモクセイの香りを連れてきた時さ

赤信号が長く感じる 十数年前は昨日のよう
またこの季節がやってきた キミへの想いが止まらない

あの頃よりも優しい気持ちになれるのはどうしてなんだろう
あの頃キミはいつも言ってた『冬の日も咲かせてよキンモクセイ』

それぞれ過ぎ行く時間(とき)の流れで 心で泣き空を見上げ耐えた
それぞれ過ぎ行く時間(とき)の流れで 人のぬくもり感じる毎日だった

あの頃よりも優しい気持ちになれるのはどうしてなんだろう
キミが好きだった花の香りさ 現在(いま)もボクはキミを想ってる

信号が青になり また歩き出す今夜も
冬の足音が骨身にしみる 切ない胸に風が吹いてる

ふるさとのキミのことを想い出す時があるのさ
秋の風がキンモクセイの香りを連れてきた時


ミニ情報
アルバム「この胸のざわつきを」収録曲
間慎太郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
間慎太郎「キンモクセイ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ