Rosalia Lombardo vistlip 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

vistlip
公式サイト
Rosalia Lombardo  ♪  vistlip
作詞 : 智
作曲 : Tohya

スライドした戸の向こう側、大好きな香りが漂う
道の途中で花が咲いていた ちょうど此処から僕の家まで

「遠くではぐれたって匂いを辿り犬や猫は帰るだろ?なら、これで安心だ。」って僕の言葉に君は吹き出したね

あと何回かしか笑っていられない日々で、あと何回かしか伝えるチャンスが無い中で何が出来るのかな?
僕は「あと何回か?」って数えて溢れ出した、あと何回だって流せそうな涙を、君に全部あげたくて、君にしかあげたくなくて、今は堪えておく

必要以上に距離埋めて、鬱陶しく思う時もあったね、僕が誰かのモノになんない様に示していたと思えば可愛い

そのせいか何時だって君に抱かれている様な気になるよ
服についた匂いは僕らが愛し合っていた証拠なんだね

あと何回かしか笑っていられない日々で、あと何回かしか伝えるチャンスが無い中で何が出来るのかな?
僕の「あと何回か?」って数えて溢れ出した、あと何回だって流せそうな涙を、君に全部あげたくて、君にしかあげたくなくて、弱い僕を呼び起こす

例え君が透明になったとしても、気配を殺していても、僕ならすぐ見つける
始めようか、二人きりのかくれんぼ
君を大きく吸い込んで、「あと何回か?」って数えた
ダメだ、堪え切れないや
もう、いい? もう、おやすみ


vistlipの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
vistlip「Rosalia Lombardo」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ