湖 - 9mm Parabellum Bulletの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

9mm Parabellum Bullet
公式サイト
 ♪  9mm Parabellum Bullet
作詞 : 菅原卓郎
作曲 : 中村和彦

怖がっていたんだろ 偽物だと言われることを
信じきれずにいたんだろ 誰よりも自分のことを

湖のほとりに立って 冷たい風をあつめてる

おれたちの何かがいま 変わろうとしてる
通り過ぎた季節だけが 美しく見えるのはなぜ

つかませてやればいい いっそのこと おまえの弱みを
隠してるものから 縛られたままだと 気付いてるなら

おれたちの何かがいま 変わろうとしてる
通り過ぎた季節にただ 指の先で触れる

波ひとつない 穏やかな時は流れて
思いもしない 結末を運んでくるだろう
どうなってもいいさ

湖のほとりに立って 透き通る水に心をひたして

おれたちの何かがいま 変わろうとしてる
通り過ぎた気持ちはただ 指からすり抜けてく
戻らない 戻らない 届かないところまで


ミニ情報
アルバム「Waltz on Life Line」収録曲
9mm Parabellum Bulletの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
湖/9mm Parabellum Bulletの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ