ふたり - 茅原実里の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

茅原実里
公式サイト
ふたり  ♪  茅原実里
作詞 : 茅原実里
作曲 : 黒須克彦

遙かなる憧れは 遠くにあるから想い焦がれる
大切に思えば思うほど 傷つけても気がつけずに

ああ、恋に恋をしてた
そう、好きになって知ったの 自分の弱さ

ひとりじゃないって ふたりなんだよって
いつもそばにいてくれたのに
許し合うこと 信じることも
わからないまま過ごしてた 日々にサヨナラ

正解も不正解もない世界だから不安になるけど
すべてうまくいくわけないって 笑うあなた抱きしめたい

「ああ…、そんなこともあったね」
そう、懐かしむ未来でありますように

ひとりじゃないから ふたりなんだから
どんな坂道だって登れるよ
“ふたり”の意味を 教えてくれた
真っ直ぐに見つめる瞳 滲んでいたね

ねえ、あなたが悲しい時
そう、私がいつだってそばにいるよ

ひとりじゃないって ふたりなんだよって
いつも包んであげたいから
優しくなりたい 強くなりたい
こんな気持ちははじめて
あなただから守りたいの 未来の中で


ミニ情報
アルバム「Innocent Age」収録曲
茅原実里の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ふたり/茅原実里の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ