一千年の散歩中 豊崎愛生 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

豊崎愛生
公式サイト
一千年の散歩中  ♪  豊崎愛生
作詞 : 安藤裕子
作曲 : 安藤裕子

千年の眠りから覚めて
忽然と姿を消してしまったあなたは夢の中
わたしは散歩中

雄弁なカラスに諭され
平凡な道を歩いていたら
わたしは白い世界の迷い子になる

「さあ僕らは何もない
だからこの手にはこれからもなんでも出来る」

とあなたが教えてくれた

さあ何処かへ出掛けよう
きっと明日には届いてる
私の手だって いつか誰かを守れるはず

突然に宇宙に放られて
手で漕いで歩みを進めてたら
全ては逆さまの私を笑ってた

さあ何処でも行けるはず
だって私には何もない
無重力だって
思いの儘の明日をくれる
あなたに会いに行こう
約束も何もないけれど
私の手には道で集めた花束がある

「さあ僕らは何もない
だからこの手にはこれからもなんでも出来る」

とあなたが教えてくれた

あなたに会いに行こう
約束も何もないけれど
私の手には道で集めた花束がある


ミニ情報
アルバム「all time Lovin'」収録曲
アルバム「love your Best」収録曲
豊崎愛生の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
豊崎愛生「一千年の散歩中」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ